注目製品 2021年05月07日(Fri)更新

短時間での施工を実現するユニット式ハト小屋。高耐食の溶融亜鉛めっき鋼板を使用

短時間での施工を実現するユニット式ハト小屋。高耐食の溶融亜鉛めっき鋼板を使用
配管や防水層の保護を目的として屋上に設置される、いわゆる“ハト小屋”。作業場所が屋上になるため、資材の運搬や設置にかける時間はなるべく抑え、省力化を図りたいところ。 ワールド工業の『HATbox』は、耐食性に優れる溶融亜鉛めっき鋼板を使用したハト小屋です。軽量化によって手で運ぶことができるほか、ユニット化をしており短時間での施工が実現可能。蓋や配管箱を固定するネジには、EPDMによる全周シールを施しています。さらに、断熱材を取り付けており結露の発生も防止。サイズや配管本数など、使用条件によって幅広い製品バリエーションから選べます。

省エネ対策に。閉めても明るい高強度・長寿命のブラインド。高遮熱の製品も選択可
様々な建物の窓に取り付けられている“ブラインド”。ただ、光を遮ってしまうと室内が暗くなりすぎたり、少しだけ光を入れようと開いても直射日光が強く眩しかったりと、なかなか上手く調整できないもの。 あかりカンパニーの『アカリナ』は、特殊なスラット(羽根)が太陽光を透過・拡散し、閉じた状態でも室内に柔らかく明るい光を取り入れられるブラインドです。室内照明の使用を減らして効率よく節電が可能。軽量で折れにくい樹脂素材を使用し、閉めた状態で使うため昇降部も長持ちします。帯電防止機能で汚れも付きにくく掃除が簡単です。夏場の室内の快適さを高める、遮熱性能に優れたタイプもラインアップしています。

ホルムアルデヒド、PM2.5、一酸化炭素など、室内の汚染物質を測定する装置
ジーサイエンスが取り扱う『GiA(ジア)』は、空気質センサーによって、室内に含まれている様々な汚染物質の濃度を測定する装置です。本体の液晶モニターに数値がリアルタイムで表示され、室内の状況を簡単に確認できます。遠隔地から複数台の装置の一元管理も行えるほか、測定データを基に空気清浄機を自動制御することも可能です。

水なしでタバコの火を消す灰皿。廃液が出ず清掃の手間を削減。吸い殻の処理も容易
JCMシステムズが取り扱う、無水式自動消火灰皿『J-TPOT』は、吸い殻を投入すると押し潰しながら低酸素状態にして、水を使わずにタバコの火を消す製品。廃液が発生せず清掃の手間が減らせます。コンパクト設計で、スタンドタイプのほか、壁掛けタイプもあり、喫煙スペースを広く取ることが可能です。

こちらにも注目!

おすすめの新着製品

注目製品 バックナンバー


閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

キーマンインタビュー