• エヌエスピーシーW工法 製品画像

    エヌエスピーシーW工法

    NETIS登録!パネル部材を自立させることで、工期短縮・工費縮減可能な…

    軽量盛土工法を利用した施工方法を開発するにあたり、問題点として、気泡混合軽量盛土材(エアーモルタル、エアーミルク)が硬化するまでに、流動性による土圧や硬化時の膨張圧が強く発生することがあげられます。 一般に使用されている型枠工法では、これらに抵抗し維持させるため何らかの型枠補強等が行われますが、プレキャストパネル背面に控え(補強)としてH型鋼打設等する場合、大型の機械が必要になる事に加え軽量モル...

    メーカー・取り扱い企業: 太洋基礎工業株式会社

  • プレキャスト製 張り出し歩道 Apron2(アプロン2) 製品画像

    プレキャスト製 張り出し歩道 Apron2(アプロン2)

    歩道の早期拡幅に!歩道幅1.0~3.0mに対応可能。壁高と底版長が可変…

    ・歩道の拡幅に用いる張出歩道「Apron2」は、擁壁機能が一体化した無駄のないプレキャスト張出し歩道です。狭い歩道をAPRON2による張出構造で拡幅が可能です。歩行者の安全・安心が確保できます。 ・現況の道路に歩道を設置する場合、大掛かりな道路拡幅工事が必要になりますが、Apron2は、歩道の設置スペースがない道路や水路がある場所でも、空間を有効利用して安全な歩道を設置することができます。......

    メーカー・取り扱い企業: アスザック株式会社 インフラエンジニアリング事業部

  • 切土補強土工法『RBPウォール工法』【※NETIS登録工法】 製品画像

    切土補強土工法『RBPウォール工法』【※NETIS登録工法】

    切土法面及び法面地山の安定化により崩壊を防止!※今なら適応例、施工順序…

    『RBPウォール工法』は、地山の掘削は法面上端から、リバースボルトパネルで法面を固定しながら切り下げていく坂巻き工法です。 リバースボルトパネル版と鉄筋挿入工との組み合わせにより、切土法面及び法面地山の安定化による崩壊防止として、地山応力の小さな地山や、用地に余裕の無い場所、構造物に隣接した切土箇所等での道路拡幅や宅地造成、急傾斜対策工事、墜落対策工の受け台、斜面安定工等に適用します。【NETI...

    メーカー・取り扱い企業: 太洋基礎工業株式会社

  • 『EDO-EPS工法』 発泡スチロール土木工法 製品画像

    『EDO-EPS工法』 発泡スチロール土木工法

    軽量な発泡スチロールのEDO-EPSブロックを土木材料として利用

    EDO-EPS工法は、EDO-EPSブロックを盛土材料として積み重ね、専用の緊結金具によって一体化していくもので、EDO-EPSブロックの超軽量性、耐圧縮性、耐久性および積み重ねた場合の自立性等の特長を有効に利用する工法です。軟弱地盤上や地すべり地の盛土、傾斜地の拡幅盛土、構造物の背面盛土などの荷重軽減や土圧低減を図る必要のあるところに適用できます。また、大型建設機械を必要としないため、重要構造物...

    メーカー・取り扱い企業: 発泡スチロール土木工法開発機構 事務局

  • 【オールケーシング応用工法】SENTANパイル工法 製品画像

    【オールケーシング応用工法】SENTANパイル工法

    杭の信頼性を飛躍的な向上!周辺の環境を考慮し、低騒音・低振動を求め開発…

    『SENTANパイル工法』は、オールケーシング工法をベースにした工法です。 掘削終了後、孔底に設置した分割コンクリートリングをリング毎に 2,000kN/m2以上の荷重で押し込むことで、先端地盤を強化して杭を施工できます。 不等沈下や沈下制限の厳しい構造物に適しており、一期と二期と工事を 分けた鉄道高架橋工事や道路橋脚の拡幅工事などの基礎に適しています。 【特長】 ■杭の信...

    • image_02.png
    • image_03.png
    • image_04.png

    メーカー・取り扱い企業: 菱建基礎株式会社 本社

  • 株式会社伊藤組 事業紹介 製品画像

    株式会社伊藤組 事業紹介

    斜面安定・地すべり対策工事などの土木の特殊工事はお任せください

    当社では、斜面安定・地すべり対策工事や法面保護工事といった 土木の特殊工事一筋に技術と人材を育んでおります。 法面保護技術工法「ウッドスロープ工法」や、環境保護に適した 道路拡幅工法「キャンティー工法」などを取り扱っておりますので、 ご要望の際はお気軽にご相談ください。 【営業品目】 ■斜面安定・地すべり対策工事 ■法面保護工事 ■落石対策工事 ■道路拡幅工事...

    メーカー・取り扱い企業: 株式会社伊藤組

  • 施工事例「RBPウォール工法」 製品画像

    施工事例「RBPウォール工法」

    【NETIS登録】リバースボルトパネル版と鉄筋挿入工との組み合わせで安…

    『RBPウォール工法』は、リバースボルトパネル版と鉄筋挿入工との組み合わせにより、切土法面及び法面地山の安定化による崩壊防止として、地山応力の小さな地山や、用地に余裕の無い場所、構造物に隣接した切土箇所等での道路拡幅や宅地造成、急傾斜対策工事、墜落対策工の受け台、斜面安定工等に適用します。 地山の掘削は法面上端から、リバースボルトパネルで法面を固定しながら切り下げていく坂巻き工法です。 詳...

    メーカー・取り扱い企業: 太洋基礎工業株式会社

  • 発泡スチロール土木工法『EPS工法』 製品画像

    発泡スチロール土木工法『EPS工法』

    荷重軽減をはかる必要のあるところに最適!軽量で丈夫な発泡スチロールブロ…

    『EPS工法』は大型の発泡スチロールブロック(カネパールソイルブロック)を 盛土材料として積み重ねていくもので、材料の軽量性、耐圧縮性、耐水性 および積み重ねた場合の自立性等の特長を有効に利用する土木工法です。 本工法は、軟弱地盤上の盛土、急傾斜地盛土、構造物の裏込め、直立壁、 盛土の拡幅などの荷重軽減および土圧低減をはかる必要のあるところに最適です。 地盤処理、仮設工事などが簡...

    メーカー・取り扱い企業: 株式会社 藤工機

  • 《導入事例》 災害復旧対策 EDO-EPS工法 製品画像

    《導入事例》 災害復旧対策 EDO-EPS工法

    発泡スチロール土木工法開発機構『EDO-EPS工法』の導入事例です

    「EDO-EPS工法」は、地震で崩落した高速道路の復旧工事に利用されました。EDO-EPSブロックの超軽量性、耐圧縮性、耐久性および積み重ねた場合の自立性等を有効に利用でき、軟弱地盤上や地すべり地の盛土、傾斜地の拡幅盛土、構造物の背面盛土などの荷重軽減や土圧低減を図る必要のあるところに適用できます。また、大型建設機械を必要としないため、重要構造物への近接施工や周辺環境などへの配慮が緩和されます。 ...

    メーカー・取り扱い企業: 発泡スチロール土木工法開発機構 事務局

  • 軽量盛土用土木ブロック 「EPS工法」 製品画像

    軽量盛土用土木ブロック 「EPS工法」

    発泡スチロール土木工法開発機構適合製品

    大型の発泡スチロールブロックを盛土材料として積み重ねていくもので、材料の軽量性、耐圧縮性、耐水性および積み重ねた場合の自立性等の特徴を有効に利用する資材です。 【ラインナップ】 ○EPSジオブロック ○EPSジオブロック 浮力対策タイプ ○EPSジオブロック 排水タイプ 詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。...【特徴】 ○荷重軽減 →軟弱地盤及び...

    メーカー・取り扱い企業: 株式会社浜島化成

  • 【全国対応可能】張出し歩道『アプロンII』 製品画像

    【全国対応可能】張出し歩道『アプロンII』

    現地発生土が有効利用可能!雨水などで濡れても安全な滑り止め模様でスリッ…

    歩道・自転車道の拡幅などに用いる張出歩道『アプロンII』は、擁壁機能が 一体化した無駄のない機能的な構造のプレキャスト張出し歩道です。 歩行者と自転車の安心・安全確保が容易にでき、設置後のメンテナンスが 不要です。 また、プレキャスト基礎を使用することで完全なドライ工法も可能です。 【特長】 ■縦・横方向を一体化させた構造 ■転倒・滑動防止に有効作用し経済的な安定構造とな...

    メーカー・取り扱い企業: 大和クレス株式会社

  • RBPウォール工法 製品画像

    RBPウォール工法

    【NETIS登録】リバースボルトパネル版と鉄筋挿入工との組み合わせで安…

    『RBPウォール工法』は、リバースボルトパネル版と鉄筋挿入工との組み合わせにより、切土法面及び法面地山の安定化による崩壊防止として、地山応力の小さな地山や、用地に余裕の無い場所、構造物に隣接した切土箇所等での道路拡幅や宅地造成、急傾斜対策工事、墜落対策工の受け台、斜面安定工等に適用します。 地山の掘削は法面上端から、リバースボルトパネルで法面を固定しながら切り下げていく坂巻き工法です。 詳...

    メーカー・取り扱い企業: 太洋基礎工業株式会社

1〜12 件 / 全 12 件
表示件数
45件
  • < 前へ
  • 1
  • 次へ >

※このキーワードに関連する製品情報が登録
された場合にメールでお知らせします。

  • 2020年6月2日サンコー株式会社修正2.jpg