注目製品 2021年01月26日(Tue)更新

水道水源の取水口の掃除負担軽減!目詰まりしにくい取水装置。安定した取水を実現

水道水源の取水口の掃除負担軽減!目詰まりしにくい取水装置。安定した取水を実現
水道施設の管理者を悩ませる“落ち葉やゴミ、土砂による取水口の目詰まり”。取水装置を設置すれば掃除の頻度を減らせますが、設置工事にかかるコストやメンテナンスの負担はできるだけ抑えて導入・運用したいものです。 日本エンヂニヤの『WSSウォータースクリーン』は、河川水で表面を洗い流しながら取水することで目詰まりを防ぐ取水装置です。電源や動力が不要なため、幅広い設置環境に適用できます。ゲートや粗目スクリーンがいらず省スペースで設置でき、後付けも容易。デッキブラシを使った軽作業で清掃メンテナンスを完了できる点も特長です。ラインアップは最大取水量25から5000m3/日まで幅広く取り揃えています。

レジオネラ対策で重要な配管洗浄の基礎知識を解説。安全かつ強力な洗浄剤も紹介
ホテル・旅館や温浴施設、スポーツクラブ、介護施設など、浴場を備えた施設の衛生管理で欠かせないレジオネラ対策。循環式浴槽の場合、循環配管の内側に付着したバイオフィルムが細菌の温床となるため、定期的に除去する必要があります。 リアライズは、循環式浴槽の除菌システムや洗浄剤の開発を手掛ける企業です。同社では現在、循環式浴槽の配管洗浄に関する基礎知識をまとめた資料「浴場配管洗浄まるわかりガイド」を進呈中。配管洗浄の重要性や、洗浄剤の種類などが初心者向けに解説されています。また、同社の配管洗浄剤「レジオットクリーン」も紹介。劇薬や危険物に該当しない粉末剤で、バイオフィルムや皮脂汚れを効率的に除去できます。

40倍の高発泡ウレタンを注入!高い施工性・安全性を両立したトンネル補修工法
トンネルの老朽化対策で行う“裏込注入工法”は、施工性やコストはもちろん、背面空洞への確実な充填が求められます。また地中への拡散浸透や、覆工の亀裂からの流出による事故も散見されます。 アキレスのトンネル補修技術『Tn-p工法』は、発泡ウレタンをトンネル覆工背面の空洞に注入して、突発的な崩落事故の防止に貢献します。補修材は40倍の高発泡ウレタンで経済的。軽量でトンネル覆工への荷重負荷も抑えられ、施工性に優れる点も特長。充填後は数分で固まり、亀裂からの流出による事故も低減できます。なお同社は「発泡ウレタン空洞注入協会」を設立。環境にも配慮した同工法の採用が広がっています。

こちらにも注目!

おすすめの新着製品

注目製品 バックナンバー


閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

キーマンインタビュー