データライブ株式会社 【これで納得】第三者保守のデータライブ-保守サービスの供給体制

80万点超のメーカー販売終息パーツ在庫を備蓄し、全国のEOSL延長保守サービスを支える「データライブ関東ストックセンター」

<IT基盤の第三者保守(EOSL延長保守)とは>
IT基盤を構成する、サーバ、ストレージ、ネットワーク機器について、メーカー保守終了後(EOL・EOSL後)も保守を継続するサービスです。
(※)第三者保守とは、サーバやネットワーク機器などのITハードウェアの保守メンテナンスをメーカーに依存せず第三者の企業が行うことをいいます。(※)EOL・EOSLとは、End of Life、End of Service Lifeの意味で、メーカー保守期間の終了を意味します。

<全国1500社・57000台の長期稼働を支える保守サービス>
EOL,EOSLにとらわれない第三者保守の活用でITハードウェアの保守期間を長期化する「EOSL延長保守サービス」は金融・通信・電力・公共など、様々な業界で全国1,500社・累計57,000台の長期稼働を支えています。

<全国対応の保守パーツ供給体制>
80万点超のメーカー販売終息パーツ在庫を備蓄するデータライブ関東ストックセンター。建物面積1,400坪(4,600平米)。ここで整備した保守パーツは、全国の拠点に配備され、ご契約中の機器障害に備えております。

関連動画【これで納得】第三者保守のデータライブ-保守サービスの供給体制

基本情報【これで納得】第三者保守のデータライブ-保守サービスの供給体制

<データライブ関東ストックセンター>
第三者保守サービスを支える、独自の生産物流サプライチェーン拠点。
★本体:7,500種+
データライブの保守用本体種類の数。オフィス内のサーバからデータセンター内の42Uラック相当の大型サーバまで、流通シェアの80%をカバーする本体種を備蓄。障害時の交換機としてだけでなく、ラボ機として保守手順の検証やエンジニア実習にも利用され、障害と復旧時の実機ふるまいの確認にも生かされます。

★パーツ:80万点+
データライブの保守用備蓄パーツ量。交換に備え全量検査されます。故障交換毎に消費されるパーツの補充のため、日々入荷と品質検査、保守パーツとしての配備が行われます。パーツは個体管理され、詳細型番や検査結果が記録されます。EOL/EOSLパーツ特有の品質ばらつきを見極めることができ、品質の高いパーツの選別を行うことができます。

★建物面積:4,600m²
関東ストックセンターの建物面積。アメリカンフットボール競技場とおよそ同じ面積で、EOL/EOSL本体パーツの生産・物流、品質管理、備蓄在庫管理といった第三者保守サービスに欠かせない機能を保有します。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 データライブ関東ストックセンター
用途/実績例 EOSL保守で消費する保守パーツや本体の備蓄と品質管理の拠点。
建物面積4,600m²、本体:7,500種+、パーツ:80万点+を備蓄。
ISO9001認証・ISO27001認証で高品質の保守パーツを生産管理。

<ロジスティクスの特徴>
国内調達に強み
海外メーカーはもちろん、国内メーカーの調達力に強みがあり、日本国内の企業や官公庁、団体様のシステムに多く構成されている国産メーカー製品の長期利用も支えることができます。

品質ばらつき対策
入手経路が多様な交換パーツは個体毎の品質ばらつきが発生します。EOSL保守専門業者として品質を測る検査設備と工程を整え、EOL/EOSLパーツの特性を定量で捉えることができます。

セキュリティ対策
入退館管理はもちろん、データ消去スペースや預かり資産保管ゾーンは金属探知や重量管理をして金属片の持ち出しも検知し、高いセキュリティレベルを保つことができます。

物理劣化への対策
本体とパーツは空調倉庫に備蓄され、静電気対策が整った工程で品質検査が行われます。熱や静電気による物理的な劣化からIT機器とパーツを保護し、保管時の劣化を抑制します。

詳細情報【これで納得】第三者保守のデータライブ-保守サービスの供給体制

豊富な種類と型番バリエーション。
保守対象のサーバに対して、様々なHDD型番在庫を備蓄。

ハードディスク生産にも利用される品質管理検査機器をEOSL用にカスタマイズして厳密な検査を実施。障害初動での復旧率を高める。

保守対象システムと同構成にキッティングし、コールドスタンバイ機の構成も。組み込み後の検証テストも実施し、問題のない機器・パーツを保守対象システム設置場所に即日配送可能な保守倉庫に配備。

ISO9001、ISO27001認証
品質管理を徹底し、お客様からの預かり情報資産も厳格に管理。

ネットワーク機器の構成管理や各ポートの検証テストも速やかに実施。

メモリの検証も個体で管理しビットエラー発生を抑制。

保守サービスに関するお問い合わせを受け、対象機器情報をヒアリング。登録された豊富な在庫から、適合本体とパーツを照会し、対応の可否を判断。正確にお見積対応いたします。

クリティカルなシステムや大規模なシステム、特殊な環境下で利用されるシステムなど、標準対応の難しい運用体制下のシステムには様々なフローをカスタマイズして対応。リモートでの打ち合わせを通じて、システム毎に配備方法や、障害時の持ち込み単位、データセンターへの入退館、障害報告フォーマットやフローを調整して提供。システム運用への負荷を軽減します。

システムの商習慣に合わせ、複雑な商流や、企業毎の受発注ルール、個別のご契約締結等に柔軟に応じています。

カタログ【これで納得】第三者保守のデータライブ-保守サービスの供給体制

取扱企業【これで納得】第三者保守のデータライブ-保守サービスの供給体制

datalive-banner600.png

データライブ株式会社

業務システムのIT基盤を構成するサーバ・ストレージ・ネットワーク製品に対して、メーカー保守終了(EOSL・EOL)後もシステムを長期利用するためのEOL・EOSL延長保守サービスを専門に提供いたします。

【これで納得】第三者保守のデータライブ-保守サービスの供給体制へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

データライブ株式会社