太洋基礎工業株式会社 TRD工法の適用範囲を拡大「TRD-wide工法」

「TRD-wide工法」は広幅式の「TRD工法」です。大型芯材の使用により、支保工材の削減が可能です!

『TRD工法』は、地中に建込んだカッターポストを横方向に移動させてカッターチェーンに取り付けられたカッタービットで地盤を掘削しながら、鉛直方向に固化液と原位置土とを混合・攪拌し、壁上の固化体を地中に造成する工法である。

【特長】
1.抜群の安定性
2.高精度施工が可能
3.優れた掘削能力による省コスト実現
4.深度方向に均質な壁品質
5.目違いのない連続性
6.芯材間隔の任意設定が可能

抜群の安定性・高精度施工・掘削能力!
様々な用途へ適応可能な地中連続壁工法!

※詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報TRD工法の適用範囲を拡大「TRD-wide工法」

適用範囲
壁 厚 900~1200mm(@100mm)
壁深度 50m(壁厚900・1000mm)
    45m(壁厚1100mm)
    35m(壁厚1200mm)
土 質 N≦100(礫径100mm以下)
    qu≦5,000kN/m2

※詳しくはお気軽にお問い合せください。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 適用例
1.土留め壁
  地下施設、下水処理施設、開削掘削道路、地下鉄駅舎工事
2.雨水調節池止水壁
  都市型雨水調整池、河川洗堰付け替えなどの河川改修工事
3.処分場遮水壁・汚染土壌封じ込め壁
  産業廃棄物処理施設・汚染土壌封じ込め
4.液状化対策・地盤改良
  建築物基礎、堤体基礎対策
5.変状防止対策壁
  鉄道近接での掘削による変状防止、新設盛土による引込み沈下防止
6.河川堤防止水壁・地下ダム止水壁
  堤体下部浸透層の浸透遮断壁、地下ダム

カタログTRD工法の適用範囲を拡大「TRD-wide工法」

取扱企業TRD工法の適用範囲を拡大「TRD-wide工法」

ロゴ.png

太洋基礎工業株式会社

■一般土木工事 ■建築工事(新築・リフォーム) ■特殊土木工事 地中連続壁工法/地中障害物撤去工法/土質改良工法/構造物修復工法/のり面工法/各種地盤改良工法/土壌浄化工法/液状化対策工法/住宅基礎補強関連工事/推進工法/立坑築造工法/地下水位低下工法/補修工事

TRD工法の適用範囲を拡大「TRD-wide工法」へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

太洋基礎工業株式会社