『国際物流総合展2020  -INNOVATION EXPO-』 に出展いたします。

最終更新日:2020/01/15

メインマーク株式会社 ロゴ

メインマーク株式会社

  • 開催地:東京都

国際物流総合展2020ロゴ

  • 国際物流総合展2020ロゴ


メインマークでは、2020年2月に開催されます、
最新物流機器・システム・情報が一堂に集結する展示会
『国際物流総合展2020  -INNOVATION EXPO-』に出展いたします。


展示会では、テラテック工法のデモンストレーションをはじめ、
施工動画などの情報をご紹介させていただきます。


▼展示会へのご参加を希望される方は氏名、送付先、ご希望枚数を記載し
info@mainmark.co.jp
あてにご連絡いただければご招待状を郵送させていただきます。

開催日時 2020年02月19日(水) ~ 2020年02月21日(金)
10:00 ~ 17:00
会場 東京ビッグサイト(東京国際展示場)
西展示棟1~2ホール

小間番号:【 1Q-12 】
参加費 無料
招待券が必要となります

関連製品

工場・倉庫・店舗など土間床の傾き、沈下修正なら「テラテック工法」

工場・倉庫・店舗など土間床の傾き、沈下修正なら「テラテック工法」 製品画像

土間コンクリート床の傾き・沈下・段差を止めずに修正。 機械の移動は不要。日本全国24時間365日、調査・工事に対応!

地盤沈下が原因で発生した工場、倉庫、店舗、ショッピングセンターの土間床の傾きやたわみ、ゆがみ、段差を、特殊ウレタン樹脂「テラテック樹脂」を注入することで短時間に修正します。 ◆テラテック工法 ※事前に床下の空洞調査を行います。 1.床の傾きを計測。 2.修正箇所に一円玉より小さい直径16ミリの孔をあける。 3.独自の機材を使用して土間床下に樹脂を注入。 4.注入した樹脂は瞬時で膨張…

関連カタログ

取扱会社

メインマーク株式会社

コンクリート床や建物が傾いたことで起きる様々な不具合を直します。 『テラテック工法』は地盤沈下や地震などが原因で、傾き・沈下・ 段差・空洞が生じたコンクリート床を特殊膨張樹脂を使い修正します。 工場、倉庫、店舗、学校など、営業を止めることができない建物の 傾き、沈下、段差、空洞などを既設床を壊さずに施工します。 従来のコンクリート打換工法と比べ、工期は約1/10。 荷物・機械等の撤去や大型プラントの設置も必要ありません。 ■事業内容■ ・店舗、工場、倉庫などの土間コンクリート床を  テラテック注入工事によって水平にする工事 ・中規模ビルの傾き修復工事 ・建物下の地盤改良による、沈下抑制工事 ・水位低下工法「ガイアモール工法」による液状化対策工事 ・ナノテクノロジーから生まれた遮熱・防水塗料を使い、  建物の性能を向上する工事 ・食品工場などで虫の侵入経路を断つ、害虫駆除工事 ・日本の耐震技術・地盤改良技術を海外へ輸出する業務

『国際物流総合展2020  -INNOVATION EXPO-』 に出展いたします。へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

添付資料

お問い合わせ内容必須

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

メインマーク株式会社

あなたが探している「ニュース:セミナー・イベント」の情報を見る

  • 2019年01月24日
  • 株式会社ケーアイテクノロジー 新横浜
  • 2019年01月23日
  • 東京電源株式会社

キーマンインタビュー