• 再震動工法 『従来の振動タンパーとの違い』 製品画像

    震動工法 『従来の振動タンパーとの違い』

    工場・倉庫・道路に最適!高密度200年コンクリート 従来装置との3つの…

    再振動・高密度コンクリート工法は、ひび割れの原因となる空隙、 水ミチを除去し、コンクリート中の効果組織を緻密に形成、 密度向上を図るコンクリートの施工法です。 従来までの振動タンパーと再振動・高密度コンクリート工法で用いる 振動タンパーには『足跡の除去能力』『床レベルの維持能力』 『水ミチの除去能力』について3つの違いがあります。 【従来振動タンパーとの3つの違い】 1.足跡...

    メーカー・取り扱い企業: 株式会社フロアエージェント

  • 再震動工法 『従来工法と再振動工法の違い』 製品画像

    震動工法 『従来工法と再振動工法の違い』

    工場・倉庫・道路に最適!高密度200年コンクリート 従来工法との5つの…

    再振動・高密度コンクリート工法は、ひび割れの原因となる空隙、 水ミチを除去し、コンクリート中の効果組織を緻密に形成、 密度向上を図るコンクリートの施工法です。 従来工法と再振動・高密度コンクリート工法には 『床レベル』『足跡』『気泡除去』『バイブ掛け』『作業人口』 について5つの違いがあります。 【従来工法との5つの違い】 ○床レベルを平滑にできる  ⇒従来法では「バイブ掛...

    メーカー・取り扱い企業: 株式会社フロアエージェント

  • 再震動工法 『再振動・高密度工法のメリット』 製品画像

    震動工法 『再振動・高密度工法のメリット』

    工場・倉庫・道路に最適! 高密度200年コンクリート 7つのメリット

    再振動・高密度コンクリート工法は、ひび割れの原因となる空隙、 水ミチを除去し、コンクリート中の効果組織を緻密に形成、 密度向上を図るコンクリートの施工法です。 そんな当施工法には『高密度化』『平滑な床レベル』『材料費削減』 『ひび割れの大幅抑制』『修繕費削減』『中性化の遅延効果向上』 『不動産価値向上』の7つのメリットがあります。 【7つのメリット】 1.高密度化 2.平滑...

    メーカー・取り扱い企業: 株式会社フロアエージェント

1〜3 件 / 全 3 件
表示件数
45件
  • < 前へ
  • 1
  • 次へ >

※このキーワードに関連する製品情報が登録
された場合にメールでお知らせします。