斜面崩壊センサシステム
斜面崩壊センサシステム http://kensetsu.ipros.jp/public/product/image/c73/2000317194/IPROS9155587645836757362.PNG 【実績】 ■国土交通省砂防事務所 ■都道府県(砂防) ■自治体 ■建設土木会社 など ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 株式会社リプロ 調査・測定・サービス > 測量・計測・分析機器 > その他計測器
  • プラスチック杭に無線センサ端末を内蔵!最大2kmの長距離無線通信可能!設定値以上の動きをすばやく検知し異常を知らせます。
    株式会社リプロ
    当システムは設置した杭の角度の変化を計測し、
    設定した角度以上の変動を検知した場合、無線で遠隔に設置した
    受信装置に送信し、警報装置を作動させたりメール送信を行います。

    【特徴】
    ○配線不要で、プラ杭を打ち込むだけで簡単に設置ができる
    ○複数の杭(最大12式)で広範囲に監視することができる
    ○ニーズにより警報(回転灯、サイレン)だけでなく
     データロガーへの保存や、メール配信も可能
    ○中継装置を用いることで最大2kmの長距離無線通信が可能

    【機器管理産業展2017に出展します】
    会期:2017/10/11(水)~2017/10/13(金)
    会場:東京ビッグサイト 西ホール
    コマ番号:3A11
    この機会に是非お立ち寄りください。


    ※詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。
  • 画像をクリックして拡大イメージを表示

動画で製品特徴をわかりやすくご紹介

基本情報斜面崩壊センサシステム

【実績】
■国土交通省砂防事務所
■都道府県(砂防)
■自治体
■建設土木会社 など

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

価格

※お問い合わせ下さい。

価格帯

納期


※お問い合わせ下さい。

発売日

取扱い中

用途/実績例

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

よく使用される業種

ゼネコン・サブコン、その他建設業、その他メーカー、IT・情報通信、情報通信業、官公庁、水産・農林業、サービス業、その他

カタログ斜面崩壊センサシステム

  • 【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください】
    「T TYPE ver.2」は、プラスチック杭に無線センサ端末を内蔵した
    斜面崩壊センサシステム。設定値以上の動きをすばやく検知し異常を
    知らせます。

    当システムは設置した杭の角度の変化を計測し、
    設定した角度以上の変動を検知した場合、無線で遠隔に設置した
    受信装置に送信し、警報装置を作動させたりメール送信を行います。
    [PDF:691KB]
  • 【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください】
    リプロの斜面崩壊センサは、斜面の崩壊や、土石流や地スベリが発生する直前の斜面や法面の動きを検知し、警報を発するものです!

    【主な用途】
    ■土石流危険渓流における避難小屋での警報発令
    ■土石流危険渓流における下流域の施設における警報発令
    ■復旧工事や対策工事などの二次災害の防止
    ■ダム工事、砂防工事などの安全施工のための斜面・法面の監視
    ■個人向け(裏山監視)の警報

    ※詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。
    [PDF:3MB]

取扱会社斜面崩壊センサシステム

株式会社リプロ

■プラスチックリサイクルの原料引取りから製造・加工および販売

斜面崩壊センサシステムへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社リプロ


  • レンタル計測器の総合カタログプレゼント 全416ページ 2000機種以上掲載
  • ZEH対策小冊子プレゼント ドイツの事例で紐解くパッシブデザインハウスとは。

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー