エスティーエンジニアリング株式会社 長尺先受け 「AGF-STD工法」

撤去管が鋼製シースの経済的で環境に優しい長尺先受け

「AGF-STD工法」は、φ114.3mmの長尺先受け鋼管をトンネル掘削天端にアンブレラ状に打設し、無拡幅施工 や最少拡幅施工における端末管(撤去管)に産業廃棄物として処理しやすい鋼製シースを採用する、経済的で 環境に優しい注入式長尺先受け工法です。  
端末管の鋼製シースは厚さが0.5mmのストリップ鋼板をスパイラル状に連続かしめ加工してあり、薄肉管の ため注入孔はφ10mm千鳥配置の他、シース管の直角方向スリット加工や軸方向長穴加工も容易に実施でき、 掘削後の撤去管は必要に応じて比較的簡単に解体して鉄と内側の廃材を分別できます。

【特徴】
○ねじ強度の改善
○軽量化の実現

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

基本情報長尺先受け 「AGF-STD工法」

【概要】
○φ114.3mmの長尺先受け鋼管をトンネル掘削天端にアンブレラ状に打設
○無拡幅施工や最少拡幅施工における端末管(撤去管)に産業廃棄物として処理しやすい鋼製シースを採用
○経済的で環境に優しい注入式長尺先受け工法
○端末管の鋼製シースは厚さが0.5mmのストリップ鋼板をスパイラル状に連続かしめ加工してある
○薄肉管のため注入孔はφ10mm千鳥配置の他、シース管の直角方向スリット加工や軸方向長穴加工も容易に実施できる
○掘削後の撤去管は必要に応じて比較的簡単に解体して鉄と内側の廃材を分別できる

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

価格 お問い合わせ下さい。
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
※お問い合わせ下さい。
用途/実績例 ●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

カタログ長尺先受け 「AGF-STD工法」

取扱企業長尺先受け 「AGF-STD工法」

エスティーエンジニアリング株式会社

○ロックボルト工法(STロックボルト、SPソイルネイル、SPソイルネイル-SR) ○マイクロパイル工法(SPフィックスパイル、SPマイクロパイル) ○トンネル工法(SPアンカー、高速フォアポーリング、小径AGF、長尺鏡ボルト) ○PC関連(内ケーブルPEシース:PLUX-1、外ケーブルPE保護管:PLUX-EX)

長尺先受け 「AGF-STD工法」へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

エスティーエンジニアリング株式会社

長尺先受け 「AGF-STD工法」 が登録されているカテゴリ