株式会社LNSJAPAN 火を使わない金属亀裂補修LOCK-N-STITCH(LNS工法)

LNS工法では、熱ひずみや二番切れが発生せず、機械加工が不要になり、工期短縮とコストの削減が可能となります。

■□■溶接ではない全く新しい金属亀裂修理■□■
●御社の大切な設備にクラックが発生。

" 溶接して大丈夫か?溶接したくない・・・不安だ "
" まずクラックを削ってみよう!・・・ダメ "
" ストップホールなら・・・ダメ "
検討の末、溶接実施・・・

また、破損してしまった!繋げるには溶接しかない!しばらく使えるだけでいい!
   
溶接ではないLOCK-N-STITCH『LNS』工法は、特殊ネジと補強ロックを使用し、メカニカルスティッチの金属接合技術で、熱ひずみや二番切れが発生せず、機械加工が不要になり、現地での施工が容易な為、工期短縮とコスト削減が可能な全く新しい亀裂(クラック)補修です。
また、応急的な修理ではなく、恒久的な修理が可能になり、機器の延命化を図ります。

LNS工法なら御社のご期待にお応えすることができます!
熱を使用しない機械接合だからこそできることがあります。
あらゆる金属に対応可能です。


基本情報火を使わない金属亀裂補修LOCK-N-STITCH(LNS工法)

溶接ではないLOCK-N-STITCH『LNS』工法の特殊ネジCASTMASTER(Cシリーズピン)は、螺旋状のフック("Spiral hook") という特別な形態のねじ山が加工されており、従来のネジとネジ山の角度が異なるところです。亀裂部位をお互いに引っ張り、永久に締結させます。
また、補強LOCKは、亀裂を横切って強度(Strength)を増加させるのに使われ,LNS Lockの全ては亀裂部位をお互いに引っぱるようにする機能があり、クラックを進展することを防止する技能性を持っている。

恒久的な、雌ネジ補修材『Full-Torque』は、特許取得の外径上向きネジ山構造で周辺母材を引き寄せて、母材の強化を行います。
また、製品挿入により周辺母材を引き寄せる力が働くので、コーナー端部まで施工する事が出来ます。
従来品のような応急的な修理ではなく、恒久的な修理が可能であり、機器の延命化を図ります。
サイズはφ6~φ64まで揃えておりますが、サイズ、ピッチはオーダー可能です。大きいサイズは現場施工もいたします。
磨耗または損傷したボルト穴を完璧に解決!


価格 『Full-Torque』フルトルク
価格帯 1万円以上 10万円未満
納期 1週間以内
※数量によって納期が変動しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
型番・ブランド名 溶接の代替技術 LNS工法(Lock-N-Stitch)と恒久的な、雌ネジ補修材『Full-Torque』ねじ穴の問題を完全解決
用途/実績例 Full-Torque インサートは、特にアルミニウムや鋳物製品はボルト穴が損傷された場合、既存の方法では沢山の問題点を抱えています。
現在、市場に販売されている普通のヘイサート類の製品も完全なトルクを加えられない、これにより既存のボルトの締結力が維持不可能になり、または漏水問題も解決出来きません。

(株)LNSJAPAN製品のFull-Torque インサートはどんな温度、圧力、振動も関係なく、使用が可能でボルト穴の破損による漏水問題も完璧に解決可能です。

このような性能はすでにアメリカ市場では認定されて、世界的エンジンメーカー会社のキャタピラー、カミンズ等に納品しており、Ford社のエンジン修理にも適用されております。またはTire製作社のCoopers Tire、ネクソンタイヤ社にもFull-Torque インサートを適用して設備の延命化に貢献し、原価削減を実現しています。
また、POSCO及び製鉄会社や船舶エンジン等に適用されて、大きく好評を頂きまして、継続的に適用分野を拡大しております。
Full-Torque インサートは、ボルト穴の全ての問題と悩みを解決します。

ラインナップ

型番 概要
FFT,FFB,FST,FSB FFTタイプは、一般的に良く使用されており、施工し易いインサートです。 FFBタイプは、ガスエンジンとディーゼルエンジン内のヘッドボルト穴及びベアリングボルト穴に一般的に適用される。 FSTタイプは肩部に側面の負荷に耐えられるように、穴の周囲へ追加的に力を加える。 FSBタイプはウォータジャケットに繋がっているボルト穴は(冷却水、潤滑油)の漏水を防いで機密維持させる必要がある。

カタログ火を使わない金属亀裂補修LOCK-N-STITCH(LNS工法)

取扱企業火を使わない金属亀裂補修LOCK-N-STITCH(LNS工法)

logo_lns.png

株式会社LNSJAPAN

・ 特殊ネジによる鋳物等金属設備の亀裂や割れの修理(海外対応) ・ 破損ボルト穴(雌ネジ)の修理 ・ 金属設備の補強修理 ・ 機器及び工具と製品販売 クラック補修新技術「LOCK-N-STITCH」のLNS工法とは? Metal Stitching技術は、壊れたり割れた鋳物及び金属製品を溶接をせず、特殊デザインしたネジと補強ロックを利用してStitching(縫う)する技術です。 特殊デザインされたネジは、一般ネジが設置されると拡散力を発揮するのとは逆に、牽引力が発生して広がろうとする母材に引っ張る力が発生して、高引張力を持つロックを追加設置して元の母材より、引張力に良く耐えられる修理方法です。また、完璧な気密維持も可能な修理方法です。(ネジのオーバーラップ作業)。 LNSJAPANは破壊や亀裂が発生したボルト穴には、特殊デザインされたフルトルク(Full-Torque)インサートを使用して恒久修理をしています。 【LNS技術のメリット 】 1.迅速に修理が可能 2.同一な品質の作業が可能 3.綺麗な表面処理が可能 4.高圧の気密維持可能 5.熱ひずみと二次クラックを起さない。

火を使わない金属亀裂補修LOCK-N-STITCH(LNS工法)へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社LNSJAPAN

火を使わない金属亀裂補修LOCK-N-STITCH(LNS工法) が登録されているカテゴリ