第22回自動認識総合展(2021年2月17日~2月19日)は緊急事態宣言発令のため中止となりました

最終更新日:2021/01/19

株式会社宮川製作所 ロゴ

株式会社宮川製作所

  • 開催地:東京都

RFIDの電波伝搬特性を実環境で計測できる大型電波暗室

  • RFIDの電波伝搬特性を実環境で計測できる大型電波暗室

【緊急事態宣言発令のため中止となりました】
第22回自動認識総合展にRFIDタグの電波伝搬特性に係る技術開発・実証のための「RFIDテストベッド事業※」を出展し、映像やRFID計測データなどを通して紹介致します。
※国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の第6回IoTテストベッド供用事業に係る助成金交付を受けて、2021年1月開設及び供用開始予定の事業

■第22回自動認識総合展
開催日 :2021年2月17日(水)~ 2月19日(金)
開催時間:10:00 ~ 17:00
場所  :東京ビッグサイト 青海展示棟
出展製品:(1)RFIDテストベッド:紹介ビデオ映像,RFIDタグ計測データなど
     (2)自社RFID製品:リーダライタ(TAG Lancer)やRFIDアンテナなど
主催  :一般社団法人日本自動認識システム協会(JAISA)
☆詳しくは、下記をご覧ください。
URL :https://www.autoid-expo.com/tokyo/

開催日時 2021年02月17日(水) ~ 2021年02月19日(金)
10:00 ~ 17:00
会場 場所:東京ビッグサイト 青海展示棟
参加費 無料

関連製品

工具の持ち出し管理や棚卸に!RFID資産管理システム_rafis

工具の持ち出し管理や棚卸に!RFID資産管理システム_rafis 製品画像

返却忘れ・紛失のリスク軽減のほか、申請・承認などの人的稼働も大幅削減!端末式以外に、ゲートなどの読み取り方式に対応可能

『rafis』は、物品にRFIDタグを貼り付け、データベースと紐づけることで 持ち出し管理や棚卸作業が正確かつ手間なく行える管理システムです。 RFIDタグにはUHF帯のICタグを使用し、最大5mの読み取り距離に対応。 多数の工具類や鍵類の管理、棚卸作業などの効率化が図れます。 貸出履歴管理のほか、トレーサビリティ強化や不正持出対策として、 読み取り端末を棚やゲートなどに組み込ん…

車載対応RFIDリーダーライター「TAG Lancer」

車載対応RFIDリーダーライター「TAG Lancer」 製品画像

車載装備品の管理ができる車載対応RFIDリーダー/ライタを提供

車載対応RFIDリーダ/ライタ装置を用いた車載品の管理システムでは、 以下の特長があり現場でのモノの管理を徹底できます。 (1)現場で車載品をRFIDを用いて瞬時に確認できます (2)車載システムとの連動により、忘れ物、置忘れを防止を実現できます (3)人・モノ・車・使用履歴の情報を一元化し、トレーサビリティの管理を自動化できます ★NTT東日本千葉事業部、株式会社宮川製作所及…

取扱会社

株式会社宮川製作所

【推進事業】 (1)RFIDタグを具備した工具や鍵、重要書類、医療用部材、レンタル部材の持ち出し返却や資産棚卸システムを導入することで、効率的な所在や資産の管理事業 (2)LAN、シリアル(RS232C、RS485)等のインタフェースを収容しLTE、WiFi、BLE、特定小電力無線などの各種無線通信機器を導入することで、クラウド上のアプリケーションと連携させたデータ収集プラットフォーム事業 (3)各種業務用設備(機械設備、通信設備、施設等)の監視やセンシングデータ(温湿度、電流、振動等)の動作データを計測収集するファシリティマネジメント事業

第22回自動認識総合展(2021年2月17日~2月19日)は緊急事態宣言発令のため中止となりましたへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

添付資料

お問い合わせ内容必須

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社宮川製作所

新着ニュース一覧」の情報を見る

  • 2021年01月27日
  • 株式会社ティー・イー・エムNEW
  • 2021年01月27日
  • 株式会社ティー・イー・エムNEW
  • 2021年01月27日
  • 株式会社ティー・イー・エムNEW

キーマンインタビュー