星和電機株式会社 ロゴ星和電機株式会社

最終更新日:2019/04/15

  • 製品ニュース
  •  

掲載開始日:2019/04/15

日本初! 直流給電方式による新たなトンネルLED照明システムを開発し納入

国土交通省 中国地方整備局 広島国道事務所管内の国道185号休山トンネル(下りL=1,704m)

  • 国土交通省 中国地方整備局 広島国道事務所管内の国道185号休山トンネル(下りL=1,704m)

LEDトンネル照明器具

  • LEDトンネル照明器具

星和電機株式会社は、1957年(昭和32年)、当時世界初の海底トンネルである関門トンネルに照明器具を納入して以来、数多くの道路・トンネルに照明器具を納入し続け、2010年(平成22年)には、国土交通省の直轄国道としては日本初のLEDトンネル照明器具を江の浦トンネルに納入するなど、日本のトンネル照明を常にリードしてまいりました。
 この度、開発した日本初の新たなトンネルLED照明システムは、電源装置を電気室内に設置し、直流でトンネル内の照明器具に給電することで、器具の小型化・軽量化を実現。従来製品は器具本体内に電源装置がありましたが、本製品は器具本体内に電源装置がないため小型化が可能となり取り付け作業が大幅に軽減。また電源装置を器具本体内から電気室に一括設置することでメンテナンスの簡易化を実現。

 この度、国土交通省 中国地方整備局 広島国道事務所管内の国道185号休山トンネル(下りL=1,704m)にトンネルLED照明システムを採用いただき納入いたしました。
 


関連情報

この度、開発した日本初の新たなトンネルLED照明システムは、電源装置を電気室内に設置し、直流でトンネル内の照明器具に給電することで、器具の小型化・軽量化を実現しました。従来製品は器具本体内に電源装置がありましたが、本製品は器具本体内に電源装置がないため小型化が可能となり取り付け作業が大幅に軽減いたします。また電源装置を器具本体内から電気室に一括設置することでメンテナンスの簡易化を実現いたしました。

星和電機株式会社ホームページ

関連製品

国内初となるトンネル照明灯具を用いたサイン照明詳細

国内初となるトンネル照明灯具を用いたサイン照明 製品画像

新名神高速道路(高槻JCT・IC~神戸JCT)に国内初となるトンネル照明灯具を用いたサイン照明を納入いたしました。

サイン照明 サイン照明とは、白色に光っているトンネル照明が 車両火災発生時に赤色点滅、 事故・落下物・故障車などの異常発生時に黄色点滅し ドライバーに注意喚起します。 これによりドライバーは安心して車を運転することができます。

国内初となるトンネル照明灯具を用いたペースメーカーライト詳細

国内初となるトンネル照明灯具を用いたペースメーカーライト 製品画像

新名神高速道路(高槻JCT・IC~神戸JCT)に国内初となるトンネル照明灯具を用いたペースメーカーライトを納入いたしました。

ペースメーカーライト ペースメーカーライトとは、白色に光っている トンネル照明が緑色点灯して進行方向に向かって光が流れていき、 ドライバーが緑色の光に追いつこうとする速度感覚を コントロールすることで速度回復して渋滞を緩和させるものです。 また逆に緑色の光を追い越す場合は、 速度抑制を支援する技術がペースメーカーライトです。

取扱会社

星和電機株式会社

産業用照明器具(LED照明・安全増防爆照明・防爆照明・密閉形照明・防雨形照明・防浸形照明・クリーンルーム用照明・・蛍光灯照明・水銀灯照明・非常用蛍光灯・防爆形誘導灯)、 道路用LED照明器具、 トンネル用LED照明器具、街路照明器具、景観照明器具、LEDモジュール照明、制御機器、 交通安全機材、道路情報表示システム、河川情報表示システム、リチウムイオン電池式無停電電源装置、トンネル防災システム、 津波情報表示システム、LED式信号機、配線配管保護材料(配線ダクト、ケーブルグランド)、 電磁ノイズ対策製品(ガスケット・フェライトコア)、 LEDディスプレイ、上記製品の製造販売および設計施工請負

日本初! 直流給電方式による新たなトンネルLED照明システムを開発し納入へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

添付資料

お問い合わせ内容必須

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

星和電機株式会社

あなたが探している「ニュース:製品ニュース」の情報を見る


キーマンインタビュー