【2022年11月24日(木)~25日(金)】「ハイウェイテクノフェア2022」に出展します!【終了】

最終更新日:2022/11/29

株式会社ケー・エフ・シー ロゴ

株式会社ケー・エフ・シー

  • 開催地:東京都

当社は2022年11月24日(木)~25日(金)までの2日間、東京ビッグサイト
で開催される「ハイウェイテクノフェア2022」に出展いたします。

高速道路の建設・管理技術の普及や活用を促進するとともに、高速道路事業について広くお客様や社会の理解を得ることを目的に開催し、様々な機会を提供します。

コンクリート構造物に対する補強・はく落防止対策の「ガイナSHシートボード工法」をはじめ、「HAWKアンカーチェッカー」や「FSS・フェイルセーフシステム」、「セイバーEXロックボルト」等を展示予定です。

皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げます。

開催日時 2022年11月24日(木) ~ 2022年11月25日(金)
10:00 ~ 17:00
会場 ■会場:東京ビッグサイト(西1・2ホール)
■住所:〒135-0063 東京都江東区有明3丁目11−1
■アクセス:
 ・〈りんかい線〉国際展示場駅 徒歩約7分
 ・〈ゆりかもめ〉東京ビックサイト駅 徒歩約3分
参加費 無料
※来場事前登録制

関連製品

非破壊検査機械「アンカーチェッカー」 

非破壊検査機械「アンカーチェッカー」  製品画像

探触子をアンカーの所定の部分に当てるだけで検査が可能!あと施工アンカーの固着状態を検査・判定することができる非破壊検査装置

(HAWK)アンカーチェッカーは、あと施工アンカーの固着状態を検査・判定することができる非破壊検査装置です。 探触子をアンカーの所定の部分に当てるだけで検査が行えるため、引張り試験に比べると短時間で検査が可能な製品です。 また、打音試験では周囲の騒音や試験者の技量によって判定結果に差が出ることがありますが、アンカーチェッカーは良好な施工状態にあるアンカーの測定値を基に閾値を設定して判定を行うた…

予防保全技術『フェイルセーフシステム』

予防保全技術『フェイルセーフシステム』 製品画像

落下物による第三者被害防止に、より施工性・点検性に優れたシステムを提案します!

株式会社ケー・エフ・シーでは、アンカーによる予防保全技術 『フェイルセーフシステム』を取り扱っております。 当社独自の発想から生まれた「ホーク・タイワイヤーアンカーZ」は、ワイヤー連結部と本体を一体成型したあと施工アンカーです。 スプリンクラーや配水管などの防災機器のフェイルセーフに適しています。 その他、ヒューマンエラーを防止する「トルシアナット」をご用意。アンカー打設時の施工品…

ガイナトンネル内装シート

ガイナトンネル内装シート 製品画像

離型フィルムを剥して張るだけ、粘着により張り付けられるトンネル内装シート

【特徴】 ■強靭な粘着力 厚さ300μmの粘着層、投錨効果※1によりコンクリートにくい込む ※1:粘着剤が被着材の表面にある隙間に浸入硬化し、釘又はくさびのような働きをすること ■覆工面が目視点検可能 シートに設けたスリットから覆工を目視点検、マイクロスコープのような機材不要 ■剥して張るだけ、簡単施工 接着剤塗布工程不要※2、離型フィルムを剥がして張るだけ、シートとカッターがあれば…

車線規制内の安全を守る Siラセル-AI監視

車線規制内の安全を守る Siラセル-AI監視 製品画像

SiラセルーAI監視は、先進技術により、安全で効率的な現場運用をアシストします。

【Siラセル-AI監視ができること】 ■テーパー部をAIカメラが交通監視員に替わって監視 ■テーパー部内に進入した車両を検知し、遠隔地にいる担当者らにメール通知 ■遠隔地からテーパー部の状況をスマホやPCで確認(ライブ・録画) 【Siラセル‐AI監視が提供する価値】 ■省人化・人件費削減 ■交通監視員の方の安全確保 ■二次被害のリスク低減

せん断補強工法『RMA工法』

せん断補強工法『RMA工法』 製品画像

建設技術審査証明取得工法!現場でのモルタル混練や注入孔の設置が不要です!

『RMA工法』は、 連続壁の内空断面を侵さず補強が可能なせん断補強工法です。 プレミックスモルタルを収容したカプセルを定着剤として採用。長尺や 太径補強鉄筋に対して打撃による施工が可能になった、あと施工の工法です。 現場でのモルタル混練や注入孔の設置がないので、特別な管理が不要。 不足したせん断耐力分のみ、あと施工で補強を行い、せん断破壊先行型から 曲げ破壊先行型へ移行する…

ボルトテスター

ボルトテスター 製品画像

あと施工アンカー非破壊検査装置

・打撃するだけで簡単に検査が可能 ・打撃力波形による客観的な判定が可能 ・ 従来の打音試験に比べて高精度の判定が可能 ・打撃毎にデータが保存され、記録管理が容易

セイバーEX ロックボルト

セイバーEX ロックボルト 製品画像

トンネルロックボルトの(株)ケー・エフ・シーが開発した、トンネルの長寿命化に貢献する補強用鋼管膨張型ロックボルト

高水圧によって膨張し地山に定着する機構を持った新しい発想のトンネルロックボルトです。 【特長】 ★充填材を用いない確実な施工性★ モルタル等の充填材を使用せずに鋼管の膨張圧で確実に地山に定着します。 湧水箇所であっても、セメント成分流出の影響が無いため、確実に定着します。 ★スピーディーな施工性★ モルタル等の定着材は不要で、施工と同時に定着するため施工サイクルの短縮と早期強度発現…

ガードレール支柱簡易補修工法『GPR工法』

ガードレール支柱簡易補修工法『GPR工法』 製品画像

養生時間不要!部分的な施工により支柱を補修する工法を開発しました。

『GPR工法』は、ガードレール支柱の腐食部分を鋼管膨張型ロックボルトの 技術を応用して補修する画期的な補修工法です。 試掘調査が不要で、特別な施工技術を必要としない簡単な作業が特長。 また、施工設備がコンパクトであり、1か所当りの作業時間は10~20分と 極めて高い施工性を実現しました。 【特長】 ■高耐食メッキ素材を採用 ■特別な施工技術不要の簡単施工 ■膨張鋼管によ…

トルシアナットK/ZK

トルシアナットK/ZK 製品画像

ヒューマンエラーを防止するトルク管理型ナット

ナットにセットされたキャップが適正トルクに達すると内側の爪が破断、 キャップが空転して施工完了を知らせます。 キャップ付きは未施工。キャップが外れナットが露出した状態で作業完 了です。 締め忘れ、締め付け不足だけでなく、締めすぎによる焼き付きも防ぐこ とができます。 トルクレンチ、または特殊な締付け機械を使用しなくてもインパクトレ ンチのみを使用して適正なトルクで締付けることができま…

ガイナSHシートボード工法 (トンネル、コンクリート構造物補強)

ガイナSHシートボード工法 (トンネル、コンクリート構造物補強) 製品画像

既設トンネル補強用「CFRP」帯板接着工法 ~炭素繊維シート+セパレータで高耐力CFRPによる効果的なトンネル内面補強を実現

*高目付の炭素繊維(通常の多層分)を1層の積層繊維シートで補強。 *従来の炭素繊維シート工法の重ね貼りに比べ、工期短縮、コストダウン  が期待できます。   *鋼板接着工法に比べ軽量。接着剤による貼付でアンカー工事も不要。  従来工法(連続繊維シート工法)に比べて工程が少なく済みます。  *高耐力により帯状に配置が可能。帯間の未施工部が可視化できるので補  強後のひび割れの進…

関連カタログ

取扱会社

株式会社ケー・エフ・シー

1.ファスナー事業部門 (1)各種「あと施工アンカー」類の販売・施工 (2)鋼材及び各種金物の製作・販売 (3)耐震関連資材の販売・施工 (4)建設物等の耐震関連工事の設計・施工 (5)道路及び鉄道橋脚等の耐震関連工事の設計・施工 (6)ポリニットロープ等止水材及び電動工具類の販売 2.土木資材事業部門 (1)ロックボルト等トンネル用支保材料の販売 (2)ドライモルタル等ロックボルト用定着剤の販売 (3)トンネル用防水シート及び附属品並びに溶着機等施工機械の販売 (4)ウレタン注入剤等トンネル用岩盤固結剤及び注入機等施工機械の販売並びにレンタル (5)遮水シート、防水シートの輸入販売、設計、施工 3.建設事業部門 (1)トンネル内装工事及び耐火工事及び遮音壁設置工事等環境工事の設計・施工 (2)防護柵設置工事及び落下防止工事等安全施設工事の設計・施工 (3)トンネル補強工事及びビル外壁補修工事等リフレッシュ工事の設計・施工 (4)トンネル内照明及び防災等設備工事並びに橋梁部設備関連工事の設計・施工

【2022年11月24日(木)~25日(金)】「ハイウェイテクノフェア2022」に出展します!【終了】へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

添付資料

お問い合わせ内容必須

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社ケー・エフ・シー

新着ニュース一覧」の情報を見る


キーマンインタビュー