株式会社森環境技術研究所 ロゴ

株式会社森環境技術研究所

      株式会社森環境技術研究所 企業イメージ

      株式会社森環境技術研究所 企業イメージ

      建設と環境分野における総合サポート企業

       当社は設立以来、従来盛土としての使用が不適とされてきた泥土の再資源化に向け、東北大学大学院環境科学研究科の高橋弘教授と共同で研究開発を進めて参りました。その結果、浚渫土砂等の高含水比泥土に繊維質系泥土改良材「ボンファイバー」と固化材を投入・撹拌することにより、取扱い性の向上(ハンドリング)、高耐久性および地震対策等の機能を付加して、これらを積極的に地盤材料に再資源化する「ボンテラン工法」を開発しました。
       現在、当社ではボンテラン工法を中心とする「泥土リサイクル事業」に加え、建設現場における施工性の向上や周辺環境への配慮を目的としたMTシリーズ等の「環境資材販売事業」、この2つを事業の柱として展開しております。
       東日本大震災以降、建設現場におけるニーズは多様化しており、「建設と環境分野における総合サポート企業」として、お客様のニーズにお応えすることが、循環型社会実現に貢献できるものと確信しております。当ページをご覧いただきましたお客様におかれましては、当社の事業についてご理解いただき、御社の環境技術パートナーとしてご活用いただければ幸いです。

      事業内容

      1.高含水泥土改良剤「MTシリーズ」の製造・販売
      2.繊維質系泥土改良材「ボンファイバー」の製造・販売

      詳細情報

      製品・サービス(2件)一覧

      カタログ(10件)一覧

      ニュース(15件)一覧

      • 00000041_eye_catch__thumb.jpg

        建設新聞社主催「新技術発表会in盛岡」で発表を行いました

        2017年10月20日(金)に岩手県盛岡市の建設研修センターにて、建設新聞社主催の「新技術発表会in盛岡」が開催され、高含水泥土改良剤MTシリーズに関する講演を行いました。 同発表会には、国土交通省…

      • DSC_0880_R__midium.jpg

        「建設技術フェア2017in中部」出展のご報告

        平成29年10月18日、19日、国土交通省中部地方整備局と名古屋国際見本市委員会が主催する「建設技術フェア2017in中部」が開催されました。 当社のブース出展(D-27)における高含水泥土改良剤「…

      • 17.10.11山形新聞掲載記事__large.png

        山形新聞に出前授業の様子が掲載されました

        山形新聞(発行:山形新聞社)2017年10月11日号において、日本技術士会東北本部山形支部が主催する小学校での出前授業の一環として当社のボンテラン工法が紹介され、実際のヘドロをボンテラン工法により再資…

      森環境技術研究所へのお問い合わせ

      お問い合わせ内容をご記入ください。

      至急度必須
      添付資料
      お問い合わせ内容 必須

      あと文字入力できます。

      【ご利用上の注意】
      お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

      はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

      イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

      ※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

      株式会社森環境技術研究所