ガラス発泡資材事業協同組合 ロゴガラス発泡資材事業協同組合

最終更新日:2017/06/26

  • 技術資料・事例集
  •  
  •  
  • カタログ発行日:2017/6/20

【スーパーソル施工事例】A2 ブロック積よう壁の裏込め材の事例

基本情報【スーパーソル施工事例】A2 ブロック積よう壁の裏込め材の事例

岐阜県瑞浪市の 五六ふれあい橋整備付帯工事の事例です

【掲載内容】
廃ガラスを粉砕、焼成発泡させた人工のかるいし『ガラス発泡軽量資材"スーパーソル"』の
施工事例「ブロック積よう壁の裏込め材の事例」を紹介いたします。

橋梁の付帯工事において、透水性が高いスーパーソルが河川盛土材に適用されました。

ブロック積みの裏込め材として使用されました。

一部、張芝箇所は軽量混合土(スーパーソル60%:土砂40%)で施工しました。

【施工事例】
○工事内容: 五六ふれあい橋整備付帯工事
○用途区分: 土木/構造物裏込/よう壁
○発注者:  瑞穂市
○工事場所: 岐阜県瑞穂市
○要求される性能: 軽量性・土圧低減


詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

ガラス発泡軽量資材『スーパーソルL2』※サンプル&施工事例集進呈

ガラス発泡軽量資材『スーパーソルL2』※サンプル&施工事例集進呈 製品画像

『スーパーソルL2』は、廃ガラスをリサイクルした軽量資材。
軽量盛土材として、路床・路体や地下構造物の埋戻し、
擁壁の裏込めなどで土圧低減や沈下対策に役立ちます。

単位体積重量は、4kN/㎥で、普通土の1/5~1/7の軽さを実現しているほか、
普通土のように使用できる、養生の手間がいらないといった点も特長です。
歪曲地形や狭小箇所での施工も容易。化学的に安定し、腐食もありません。

【特長】
■大小無数の孔を有し、粒径2~75mmの不定形な礫状
■敷均し・転圧締固めによる簡単施工
■特許取得・商標登録済。エコマーク認定
■NETIS登録実績あり
 H23年3月 NETIS登録期間終了(QS-980235、CB-040086)

★「スーパーソル」が「ガラス発泡リサイクル資材」として、
  JISに制定されました(JIS Z 7313)。

※先着20社様に製品サンプル進呈!本製品の施工事例も掲載した事例集も進呈中
 カタログ、施工事例集は【ダウンロード】からスグにご覧頂けます。
 サンプル希望の方は【お問い合わせ】よりお申し込みください。 (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期

【スーパーソル施工事例】A2 ブロック積よう壁の裏込め材の事例

【スーパーソル施工事例】A2 ブロック積よう壁の裏込め材の事例 製品画像

廃ガラスを粉砕、焼成発泡させた人工のかるいし『ガラス発泡軽量資材"スーパーソル"』の
施工事例「ブロック積よう壁の裏込め材の事例」を紹介いたします。


橋梁の付帯工事において、透水性が高いスーパーソルが河川盛土材に適用されました。

ブロック積みの裏込め材として使用されました。

一部、張芝箇所は軽量混合土(スーパーソル60%:土砂40%)で施工しました。

【施工事例】
○工事内容: 五六ふれあい橋整備付帯工事
○用途区分: 土木/構造物裏込/よう壁
○発注者:  瑞穂市
○工事場所: 岐阜県瑞穂市
○要求される性能: 軽量性・土圧低減


●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

取扱会社 【スーパーソル施工事例】A2 ブロック積よう壁の裏込め材の事例

ガラス発泡資材事業協同組合

ガラス発泡資材事業協同組合は、ガラス発泡軽量資材「スーパーソル」を市場に供給する事業体が安心安全な製品を供給するため、その品質を保持すると共に、スーパーソルの社会的普及を目指し、開発および普及活動が図れるよう支援することを目的とした事業協同組合です。 ガラス発泡資材事業協同組合の組合員は、スーパーソル製造事業者およびスーパーソル製造特許権を有する業者です。

【スーパーソル施工事例】A2 ブロック積よう壁の裏込め材の事例へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ガラス発泡資材事業協同組合


キーマンインタビュー