水路補修改修工法研究会 ロゴ水路補修改修工法研究会事務局

最終更新日:2019/03/01

  •  
  •  
  • カタログ発行日:2019/03/01

水路補修改修工法(CSモルタル工法) 工法概要ver1.3

基本情報水路補修改修工法(CSモルタル工法) 工法概要

水路補修改修工法の概要説明書類◆既設開水路をCSモルタル工法(表面含浸工法と無機系被覆工法の複合工法)による補修で長寿命化

CSモルタル工法の基本的な考え方は、既設構造物の健全な部分を生かし、景観および寸法等の形状をなるべく変更せずに脆弱な部分を補修しようとするものです。
水路などの補修および改修において、いくら表面を優れた材料で補修しても、劣化部を除去した後の下地が健全で強固でなければ長持ちしません。
まず、劣化部除去後のコンクリート表面にCSクリアーを塗布含浸させ、既設構造物の表層部を緻密にして骨材の欠落を防止し、洗堀されている部分の断面をCSモルタルで修復する際に、厚みを骨材の面(型枠面)までで留めることで、剥離を防止し水路断面の減少も回避することができます。
仕上げに、修復面にCSクリアーを塗布含浸させ、CSモルタルを緻密にして水密性や耐摩耗性などを向上させ、表面保護による延命化を実現します。
本資料では・使用材料の概要・工法概要・適用条件・品質試験結果・施工管理・施工事例・施工歩掛(例)を掲載しております。

CSモルタル工法(水路補修改修工法)

CSモルタル工法(水路補修改修工法) 製品画像

既設水路の補修では、いくら表面を優れた材料で被覆しても、劣化部を除去した後の下地が健全で強固でなければ長持ちしません。
劣化部除去後のコンクリート表面にCSクリアーを塗布含浸させ、表層部を緻密にして骨材の欠落を防止し、洗堀されている部分の断面をCSモルタルで修復する際に、厚みを骨材の面(型枠面)までで留めることで、剥離を防止し水路断面の減少も回避することができます。
仕上げに、修復面にCSクリアーを塗布含浸させ、CSモルタルを緻密にして水密性や耐摩耗性などを向上させ、表面保護による延命化を実現します。    
                                 
特許:第4664949号
登録:農業農村整備情報総合センター(ARIC)
農業農村整備民間技術情報DB=登録番号1022

特 徴
・既設水路の耐久性を向上させる
・補修時に既設水路断面の減少を最小限に留める
・既設水路表層部の粗度を低減する
・ひび割れ補修効果に優れ、高い止水性を確保する
・湿潤状態でも施工可能なため、工期短縮、コスト縮減を実現
・無機質系材料を使用しているため、環境への負荷を低減できる (詳細を見る

取扱会社 水路補修改修工法(CSモルタル工法) 工法概要

水路補修改修工法研究会 事務局

1.水路補修改修工法の研究および実施 2.水路補修改修工法の確立および規格化の推進 3.水路補修改修工法の技術向上および普及活動 4.その他の水路補修および改修に関する情報の共有 ◆会員名簿 【東北地区】 (株)アイテック (株)橋本工務店 【関東地区】 (株)シーテクノ (株)レスポンス 山梨ザイペックス(株) 木下建工(株) 【北陸地区】 アルス(株) (株)郷土建設藤村組 松原建設(株) 【東海地区】 福美建設(株)名古屋事務所 【中国地区】 (株)山内工業 アサヒ防災工事(株) (有)トムワークス 【四国地区】 (株)総合開発  *賛助会員 UBE三菱セメント(株) 関連事業部 建材鉱産品部 高性能製品グループ

水路補修改修工法(CSモルタル工法) 工法概要へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

水路補修改修工法研究会 事務局


キーマンインタビュー