チェックしたものをまとめて:

  • 振動による耐震診断法「動的耐震診断」 製品画像

    PR実際に建物をゆらすことで得られる「実測値」により、補強の優先順位が分か…

    動的耐震計測システムは、起振機を建物の2階に設置して実際に小さな地震(震度1~2程度)を起こし、建物の東西・南北方向に揺らすことで建物の挙動を計測するシステムです。 建物が震度いくつの地震まで安全性が⾼いかを数値化することができます。地盤調査と併用することで建物と地盤の”共振”のしやすさも分かるため、リフォーム時や新築時の建物補強の重点箇所が決めやすくなります。 【特徴】 ■エンドユーザ...(つづきを見る

  • 現地建物調査支援ソフト『Rメジャー』 製品画像

    PR現地調査後の積算や各種報告書作成業務を効率化できる!

    『Rメジャー』は、建物現地調査支援ソフトで、 計測入力機能(数量積算機能含)、劣化図形入力と積算、 及び調査診断用画像作成と3つの機能サポートがあります。 3つの機能により、今まで時間がかかっていた 現地調査後の積算や各種報告書作成業務を効率化できます! 【特長】 ■寸法入力機能(数量積算機能あり)  各部位の実測した寸法を入力  塗装、防水、シール等積算部位のチェック内容...(つづきを見る

  • Celesco社製ワイヤ式変位センサ SPシリーズ 製品画像カタログあり

    小型・軽量・短距離用の低価格モデル

    ・小型/軽量/短距離/低価格 ・計測範囲:0~120mmから0~1270mmまで ・保護環境:NEMA1,IP50 ・ワイヤを離しても故障なし...(つづきを見る

  • アプリケーション事例 「造船」 製品画像カタログあり

    イギリス海軍ミサイル駆逐艦の船体組込や船体輸送などの事例を紹介します。

    のブロックに分けて製造され、最も重いブロックの重量は1,400トンにもなります。 船体部分の建造用ブロックの溶接作業に先立ち、エナパックのデジタル制御による同調システムがブロックを持ち上げ、重量を計測し、位置決めを正確に行います。これにより作業効率性と品質が向上しました。 新しい船を荷揚げする際には、効率性と正確性が非常に重要です。 エナパックは、作業を完了するのに必要な総作業時間と作業員数...(つづきを見る

チェックしたものをまとめて:

2件中1〜2件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

おすすめ関連情報

分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]

PR