• 災害復旧工事を円滑に進める為の『土留部材引抜同時充填工法』 製品画像

    災害復旧工事を円滑に進める為の『土留部材引抜同時充填工法』

    PR東日本大震災復興事業にも数多く採用!使用鋼矢板=約12,000トンをリ…

    『土留部材引抜同時充填工法』は、鋼矢板や土留め杭及び既成杭を安心して引抜くことを可能にしたオンリーワン工法です。 甚大な津波災害を受けた仙台空港周辺において、津波防御ライン設置に伴う揚水機能拡充の為、複数のポンプ場が復旧工事として建設されました。 ポンプ場に連結する延長約5kmの管渠は、住宅や埋設管に近接しているため、鋼矢板の引抜きによる事業損失防止の目的で本工法が採用されました。 本工...

    • 2'.PNG
    • 3'.PNG
    • 4'.PNG
    • 5'.PNG
    • 6'.PNG
    • 7'.JPG
    • 8'.JPG
    • 9'.JPG
    • 10'.JPG

    メーカー・取り扱い企業: 協同組合Masters

  • 台形型基礎工法『TNF-D工法』 製品画像

    台形型基礎工法『TNF-D工法』

    PR力を分散する台形基礎が地盤沈下のリスクを低減。地中梁や杭、型枠工事が不…

    地盤改良層と基礎、スラブを井桁状に一体化することで、 軟弱地盤であってもローコスト・短工期で安定した基礎づくりが行える「TNF工法」。 『TNF-D工法』は、その基礎部分を“台形”にし、力の分散性を高めた工法です。 応力伝達の減少により、抜け上りや地盤沈下のリスクを更に低減。 従来工法と同様に地中梁や杭なしで施工でき、型枠工事も不要です。 【特長】 ■基礎躯体コストを削減 ■...

    メーカー・取り扱い企業: 新品川商事株式会社

  • 特殊組立工法『逆打ち工法』 製品画像

    特殊組立工法『逆打ち工法』

    コンクリート工事を上から下へと進める特殊組立工法

    当社では、1階の床を先行で造り、上部階を引き続き建てると同時に 地下階を掘りながら順次地下1階、地下2階と下に造っていく 『逆打ち工法』に対応しております。 従来の山留め工法に比べて、地盤をあまり緩めることなく、 順次躯体を支えにして掘削を行えるので、安定した地下工事が行えます。 また、上部躯体に関しては、早い時期に構築される1階の床スラブから、 地下躯体と併行して作業が行える...

    メーカー・取り扱い企業: 近藤鉄筋株式会社

1〜1 件 / 全 1 件
表示件数
45件
  • < 前へ
  • 1
  • 次へ >

※このキーワードに関連する製品情報が登録
された場合にメールでお知らせします。

PR