有限会社シスコム(SysCom) 風速計システム-風速・温度・圧力の多点計測

風速計システム-風速・温度・圧力の多点計測 http://kensetsu.ipros.jp/public/product/image/573/2000220847/IPROS5664289123142273804.jpg シングルポイントで温度と風速測定ができるユニークな小型風速温度センサによるマルチ風速温度スキャナー。標準で最大4ch~32chまでの多点風速計を用意して、風速温度の同時連続計測やユーザー指定の温度・風速測定の組み合わせなど多彩な測定方法ができる。LabVIEWアプリソフトで使い方も簡単。各センサには個別IDが付帯して、スキャナーユニットのどこに接続してもセンサIDを自動認識して対応する校正ファイルから温度風速の自動計測を提供します。自動車、ラジエーター、エレクトロニクス、PCB、部品モジュール、ライン設備管理、風洞熱解析試験や空調なっど他分野にて実績あり。風速範囲:0~50m/秒、温度測定:ー10℃~120℃、センサケーブル長さ:~10mなど、その他カスタム仕様センサも対応可能。また温度と風速のアナログ出力(0/5VDC出力)オプションも併用して、既存のデータロガーユニットに接続して他のデータパラメータと同期使用することもできます。さらには、風速(16ch)、風温(16ch)、表面温度(熱電対12ch)、差圧(4ch)を1台のユニットで同時、個別に測定して多様な熱解析に利用できる装置も提供しています。 有限会社シスコム(SysCom) 調査・測定・サービス > 測量関連サービス・機器 > 測量コンサルティング ATVS-2020-32
小型の各種風速温度センサで狭小スペースでも多点で風速・温度の計測を提供。

シングルポイントで温度と風速測定ができるユニークな小型風速温度センサによるマルチ風速温度スキャナー。標準で最大4ch~32chまでの多点風速計を用意して、風速温度の同時連続計測やユーザー指定の温度・風速測定の組み合わせなど多彩な測定方法ができる。LabVIEWアプリソフトで使い方も簡単。各センサには個別IDが付帯して、スキャナーユニットのどこに接続してもセンサIDを自動認識して対応する校正ファイルから温度風速の自動計測を提供します。自動車、ラジエーター、エレクトロニクス、PCB、部品モジュール、ライン設備管理、風洞熱解析試験や空調なっど他分野にて実績あり。風速範囲:0~50m/秒、温度測定:ー10℃~120℃、センサケーブル長さ:~10mなど、その他カスタム仕様センサも対応可能。また温度と風速のアナログ出力(0/5VDC出力)オプションも併用して、既存のデータロガーユニットに接続して他のデータパラメータと同期使用することもできます。さらには、風速(16ch)、風温(16ch)、表面温度(熱電対12ch)、差圧(4ch)を1台のユニットで同時、個別に測定して多様な熱解析に利用できる装置も提供しています。

基本情報風速計システム-風速・温度・圧力の多点計測

シングルポイントで温度と風速測定ができるユニークな小型風速温度センサによるマルチ風速温度スキャナー。標準で最大4ch~32chまでの多点風速計を用意して、風速温度の同時連続計測やユーザー指定の温度・風速測定の組み合わせなど多彩な測定方法ができる。LabVIEWアプリソフトで使い方も簡単。各センサには個別IDが付帯して、スキャナーユニットのどこに接続してもセンサIDを自動認識して対応する校正ファイルから温度風速の自動計測を提供します。自動車、ラジエーター、エレクトロニクス、PCB、部品モジュール、ライン設備管理、風洞熱解析試験や空調なっど他分野にて実績あり。風速範囲:0~50m/秒、温度測定:ー10℃~120℃、センサケーブル長さ:~10mなど、その他カスタム仕様センサも対応可能。また温度と風速のアナログ出力(0/5VDC出力)オプションも併用して、既存のデータロガーユニットに接続して他のデータパラメータと同期使用することもできます。さらには、風速(16ch)、風温(16ch)、表面温度(熱電対12ch)、差圧(4ch)を1台のユニットで同時、個別に測定して多様な熱解析に利用できる装置も提供しています。

価格 -
※お問い合わせください
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
発売日 取扱い中
型番・ブランド名 ATVS-2020-32
用途/実績例 自動車、ラジエータ、
電子機器・PCB等の熱解析試験
ライン設備管理・空調試験
ヒートシンク等の熱テスト
恒温槽や空調設備管理
各種エレクトロニクス、
通信、重電部門の設備筐体内の熱管理試験  等

詳細情報風速計システム-風速・温度・圧力の多点計測

ATVS-2020 多点風速温度スキャナー

最大32個の風速温度センサを接続して、32箇所で温度と風速の測定、センサ2個をペアにして風速と温度の同時連続測定、またはユーザー指定の場所の温度と風速の自由な組み合わせの連続計測など用途に応じた測定方法が選択可能です。センサはキャンドルスティック型、極細スティック形状、L字曲げタイプなど狭小エリアでも利用できる多様なセンサを提供しています。

eATVS-4/8 小型・低価格 風速計システム

最大4chまたは8chの風速温度スキャナー。PCとUSB接続でどこにでも持ち運びができるハンディタイプ。風速センサはどのスキャナーでもコンパチブルに使用可能。

iQ-200風速温度圧力マルチ測定システム

風速温度各16ch、熱電対12ch、圧力4chの測定機能が1台のユニットに装備され、USB接続でPCによる熱解析に利用できる。
風速温度センサは各風速温度スキャナーユニット共通で使用できる。

キャンドルスティック風速温度センサ

先端部のシングルポイントで温度(-10℃~120℃)と風速(0~50m/秒)の測定。無指向性で高さは9mm/12mm/20mmなど、センサケーブルも~10m以上まで対応可能。用途に応じた校正可能。

各種風速温度センサ

狭いエリアでの風速温度測定、表面温度測定など用途に応じた各種センサがコンパチブルに利用することができます。

風速温度センサ使用例

風洞内でファン速度による風速温度の多点測定例
小型のスポットセンサで電子部品の表面温度の同時測定も簡単にできます。

小型L字曲げセンサ

耐熱極細チューブ(外径0.6mm)をL字に曲げて狭小エリアでも風速温度測定が可能になります。
電子機器筐体内部やラジエータ内部などの測定にも有効です。

DAC-200アナログ出力モジュール

風速計(ATVS-2020/eATVS)で測定される風速と温度をリアルタイムでリニアアナログ出力に変換するユニット。風速範囲も0/50m/秒、0-25m/秒、0-10m/秒で設定することができ、温度も-10℃~90℃のレンジで出力変換ができる。
寸法:292x62x260mm、重量:約1Kg

カタログ風速計システム-風速・温度・圧力の多点計測

熱解析機器シリーズ - 風速計・風速センサ・風洞設備等

熱解析機器シリーズ - 風速計・風速センサ・風洞設備等 表紙画像

1)風速と温度を最大32chまで計測できるコストパフォーマンスの高いポータブルタイプの風速温度スキャナー。シングルセンサで同じポイントで温度と風速の測定や、2個ペアにした多点同時測定や温度と風速の自由割り当てによる多点測定、風速と温度のアナログ出力など用途に応じた測定方式の選択が可能です。
LabVIEWアプリソフトにより使い方は非常に簡単。自動車、電子機器、エレクトロニクス、設備管理など多方面にて実績あり。
風速測定範囲:0~50m/秒、 温度測定範囲:-10℃~120℃
センサプロープ形状各種、カスタム仕様にも対応可能
また、超小型風向・環境センサモジュールも新発売。
2)ユニークな熱解析機器
●高熱流速チップシュミレータ ●ファン速度コントローラー
●ファン試験モジュール    ●圧力変換モジュール
●等温プレートシステム    ●ハイパワーシュミレーションシステム
●風速温度アナログ変換ユニット●液晶サーモグラフィーシステム 等

超小型加速度センサ AccStick6

超小型加速度センサ AccStick6 表紙画像

AccStick6 は加速度± 2g から± 400g まで、サンプリングスピード0.05Hzから1600Hz まで、記録ポイント50 万ポイント、記録時間最大3,000 時間の今までにない加速度ロガーです。
軽量・小型の為、測定値に影響を与えません。
今まで測定が困難であったタイヤ内部や小動物への設置など、限られたスペースでの測定が可能になります。

各種データロガー用途例

各種データロガー用途例 表紙画像

小型・低価格な多様なロガーの特長と事例が一冊にまとまりました。
このほか、カスタム対応も行っておりますので、是非ご参考下さい。

【920MHz超小型無線センサシステム】「YM920」

【920MHz超小型無線センサシステム】「YM920」 表紙画像

YM920 は新たに産業用無線帯域で割り当てられた920MHz 帯を使用した、新しい無線システムです。

従来の無線規格帯と比較し、長距離通信が可能、特定小電力で低消費電力、
電波の回り込みが可能な為安定性に優れた特性を持っています。

弊社ではいち早く、
MEMS デジタル温湿度センサー/ 熱電対と無線IC タグを組み合わせ、
より幅広い分野への活用を提案致します。
センサは熱電対・Sensirion 社製温湿度センサ・IST 社製温湿度センサ
を外付けする事ができ、
更に送信機には既にSensirion SHT21 搭載。
用途によって、使い分けが出来ます。

メモリ記録や加速度センサの活用など、カスタムにも対応します。

風洞試験装置一覧

風洞試験装置一覧 表紙画像

電子部品、PCB基板・モジュール等の熱解析試験のための品質研究用途の各種風洞試験装置。オープンループ式及び循環式タイプを提供。多くのセンサポートも装備して、風速、温度、ピトー管、圧力等多様なセンサ利用可能。またテストチャンバー内の風速・温度の自動制御が簡単にできる専用コントローラーも提供しています。風速範囲は最大~40m/sも発生可能。

風速温度センサ各種・風向センサ

風速温度センサ各種・風向センサ 表紙画像

各種風速温度センサには個別IDが付帯して、多点風速計のどのチャンネルの接続してもPCリモートで自動認識して対応するセンサ校正ファイルから風速と温度データに変換して、データをcsvにて自動保存します。
風速範囲は~50m/sec、温度測定範囲は-10℃~120℃。多様なセンサをコンパチブルに多点で利用することができる。また測定モードも1個のセンサ先端部で温度と風速の測定、2個ペアにした温度・風速の同時計測、または多数のセンサの自由な組み合わせによるものなど多様な測定が可能。
主な用途;自動車、エレクトロニクス、医療機器、空調、複写機、電子部品や基板・モジュールなどの熱性能試験に利用されています。

取扱企業風速計システム-風速・温度・圧力の多点計測

30%018-A4-mv-banner.jpg

有限会社シスコム(SysCom)

材料の分析評価機器では、熱分析装置、誘電分析装置、各種熱伝導率測定装置、ポリマープロセスモニタリング、プロセス粘度計や硬化モニタリング装置、またレーザーホログラフィーによる振動変位解析装置等。最先端のロボットハンドやロボートアーム。センサーでは超小型・高精度を特長とする各種データロガーや無線センサシステム。温湿度ロガー、触覚センサ、熱電対ロガー、加速度ロガー、風速、動的粘弾性測定装置、振動解析装置、高機能ロボットハンド・アーム、環境計測等。

風速計システム-風速・温度・圧力の多点計測へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

有限会社シスコム(SysCom)