株式会社計測技術サービス 【HILTI(ヒルティ)製品】トランスポインタ PX10

【HILTI(ヒルティ)製品】トランスポインタ PX10 http://kensetsu.ipros.jp/public/product/image/f0f/2000148122/IPROS1009347168250302451.jpg 図面に頼ることが難しい現場で、煩雑な計測を繰り返すことや、試し穴の施工など、今まで手間がかかった作業が不要になります。 貫通口出口を狙って入口位置が決められるので、上向きの穴あけ作業が避けられます。 トランスミッタから放射される地場をレシーバが検知。壁や床の裏側のポイントを簡単に検知できます。 株式会社計測技術サービス 本社 共通資材 > 補強・補修材・副資材 > 補強・補修材 トランスポインタ PX10 / 日本ヒルティ(HILTI) 135000
壁や床の裏側のポイントを的確に把握できます。

貫通口施工位置の把握に。コンクリートやブロック造などの壁や床に貫通口を施工する際、ビットの出口位置をあらかじめ把握できます。反対に出口位置から穿孔開始ポイントを決めることもできます。
壁や床厚の測定に。貫通口施工に使うハンマードリル、ダイヤモンドコアツールのビット長さを確認できます。
X線方式のコンクリート非破壊検査でのフィルムの位置決めに。

基本情報【HILTI(ヒルティ)製品】トランスポインタ PX10

図面に頼ることが難しい現場で、煩雑な計測を繰り返すことや、試し穴の施工など、今まで手間がかかった作業が不要になります。
貫通口出口を狙って入口位置が決められるので、上向きの穴あけ作業が避けられます。
トランスミッタから放射される地場をレシーバが検知。壁や床の裏側のポイントを簡単に検知できます。

価格 135000
価格帯 10万円以上 50万円未満
納期 1週間以内
※数量によって納期が変動しますので、お気軽にお問い合わせください。
型番・ブランド名 トランスポインタ PX10 / 日本ヒルティ(HILTI)
用途/実績例 貫通口施工位置の把握に。コンクリートやブロック造などの壁や床に貫通口を施工する際、ビットの出口位置をあらかじめ把握できます。反対に出口位置から穿孔開始ポイントを決めることもできます。
壁や床厚の測定に。貫通口施工に使うハンマードリル、ダイヤモンドコアツールのビット長さを確認できます。
X線方式のコンクリート非破壊検査でのフィルムの位置決めに。

カタログ【HILTI(ヒルティ)製品】トランスポインタ PX10

取扱企業【HILTI(ヒルティ)製品】トランスポインタ PX10

KGS企業イメージ.jpg

株式会社計測技術サービス 本社

■計測器製造・販売 ■計測器保守点検及び修理・校正 ■計測システム・ソフト開発

【HILTI(ヒルティ)製品】トランスポインタ PX10へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社計測技術サービス 本社