センクシア株式会社 低剛性柱脚 PINベース工法 低層建物の柱脚に適しています。

平屋や2階建等の低層建物の柱脚として適しています。基礎形状を簡素化できるため、在来ピン柱脚に比べトータルコストの削減に!

在来ピン柱脚に比べ回転剛性を小さくしてPIN接合に近づけた低剛性柱脚「PINベース工法」を改良し、設計自由度と施工性の向上を図りました。

PINベース工法は低剛性のため、平屋や2階建等の低層建物の柱脚として適しています。基礎形状を簡素化できるため、在来ピン柱脚に比べトータルコストの削減につながります。

【特長】
■剛性を従来ピン柱脚より約1/10に低減
 ・スリットを設けることでPINプレートを変形しやすくし、在来ピン注脚より低剛性を実現。
 ・後詰めモルタルを無くすことにより、在来ピン柱脚に比べ剛性の低減が可能に。
 ⇒剛性が低いため、基礎(サイズ・鉄筋量)を小さくすることが可能です。
■根切りを浅くすることが可能
PINベース工法はアンカーボルトの定着長さを13.3dと大きく短縮。(最小値 400mm)
■日本建築センターの評定を取得
■基礎柱形を標準化
 ・PINベース工法では型式ごとに基礎柱形を標準化。別途設計する必要はありません。

基本情報低剛性柱脚 PINベース工法 低層建物の柱脚に適しています。

【リファインのポイント】
●ベースプレートのボルト孔径を拡大
 ベースプレートのボルト孔径を拡大し、アンカーボルトとのクリアランスを従来より拡げました。(5mm →14mm)
 これにより鉄骨建て方時の作業性向上を実現しました。
●緩衝材を柱側面及びベースプレート上面に設置
 PINベース工法では、柱およびベースプレートを介してスラブコンクリートに曲げモーメントを伝達させないため、緩衝材を設置します。これによりスラブコンクリートの天端レベルを任意に設定することが可能となります。
●ベースプレートおよび中心鋼板への防錆処理が可能となりました。
 PINベース工法では、ベースプレート下面および中心鋼板に防錆処理として塗装を施した状態を想定してせん断耐力を算出しています。
 標準仕様ではベースプレートには塗装は施しておりません。
 塗装する場合はJIS K 5674に基づく仕様としてください。
 
※詳細はカタログ請求していただくか、ダウンロードからPDFデータをご覧ください。

価格 お問合せください。
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 H形柱用(PHタイプ)/角型鋼管柱用(PBタイプ)
用途/実績例 PINベース工法は低剛性のため、平屋や2階建等の低層建物の柱脚として適しています。
※詳細は、お問い合わせください。

取扱企業低剛性柱脚 PINベース工法 低層建物の柱脚に適しています。

pic-1006-01.jpg

センクシア株式会社 本社

建材機器、チェンの製造・販売及びそれらの関連工事

低剛性柱脚 PINベース工法 低層建物の柱脚に適しています。へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

センクシア株式会社 本社

低剛性柱脚 PINベース工法 低層建物の柱脚に適しています。 が登録されているカテゴリ