チェックしたものをまとめて:

  • カタログあり

    ひび割れの深部から表面部まで的確に注入することを可能にし、コンクリート…

    圧力調整注入工法(SGS工法)は、注入機の種類によって真空吸着型圧力調整注入工法とノズル型圧力調整注入工法の2種類からなる、注入技術・適応能力・経済効率に優れた画期的なコンクリートひび割れ注入工法です。この工法は、低圧から高圧まで注入圧力を調整することにより、有機系から無機系まで多様な補修材料を、ひび割れの深部から表面部まで的確に注入することを可能にしました。 【特長】 ■質の高い補修技術...(つづきを見る

  • カタログあり

    床版と基礎梁と基礎の一体化!剛性が極めて高いベタ基礎工法

    『EJボイドベース工法』は、基本的にはベタ基礎工法で、床版と基礎梁と 基礎を兼備えた工法です。 基礎梁を兼用した頑強な二重スラブで、構造的な安全性だけではなく 施工が容易で工期が短いという経済性を備えています。 特に深い杭を必要とする地域において、当工法はその特長を発揮します。 EPS(発泡スチロール)を利用することにより基礎自重を大幅に軽減でき、 地盤への荷重負荷を抑えます。 ...(つづきを見る

  • カタログあり

    第13回国土技術開発賞「優秀賞」受賞!特許取得の海底の掃除機です。

    『サブマリンクリーナー(SMC)工法』とは、海底に堆積した有機物または浮泥を濁らずに10cm除去できる装置です。 プランクトンのシスト(休眠細胞)82%除去、セシウム88%除去の除去効果があります。 【特徴】 ■10cm~15cmという薄さで浚渫可能 ■養殖場の近くでも濁らなずに薄層浚渫 ■効率よく底質を揚げる事が可能 ■処分する土砂が少くなくなる ■沈み込まない、スムースな連続...(つづきを見る

  • 基礎工法 EJボイドベース工法の製品画像ですカタログあり

    軟弱地盤、埋立地、文化財遺跡、産業廃棄物処分場など地盤の弱い場所での基…

    EJ ボイドベースは、軟弱地盤、港湾埋立地、文化財遺跡、産業廃棄物処分場など地盤の弱い場所での基礎を発泡スチロール (EPS) を使用して安定させる画期的な基礎工法です。 基礎梁を兼用した頑強な二重スラブで構造的な安全性だけではなく施工が容易で後期が短いという経済性を備え、特に深い杭を必用とする地域において、EJ ボイドベースの特徴を発揮する工法です。...【特徴】 ○床版と基礎梁と基礎の一体...(つづきを見る

  • 泥土を、現場で、改質土にしておけば、いつでも材料として使えます

    泥土粒状固化工法は、建設汚泥及び建設発生土に固化材と高分子凝集剤を添加して改質するシステムです。...【特徴】 ○大変シンプルでコンパクトでありながら、高い処理能力を誇る移動式粒状固化プラント(特許工法)です。 ○多様な固化材(石炭灰・製紙スラッジ焼却灰を利用した弱アルカリタイプ、中性及び中性化タイプ)で 資源の有効活用と、多様な性状の泥土に対応ができます。 ○要求品質に対応し安定した品質...(つづきを見る

  • サンドマットを使用しないバーチカルドレーン工法

    バーチカルドレーン工法(プラスチックボードドレーン工)は経済的な軟弱地盤改良工法です。 ...【特徴】 ○経済的かつ信頼性の高い軟弱地盤改良工法(プラスチックボードドレーン工)です。 ○サンドマットを使用しない省資源型バーチカルドレーン工法です。 ○バーチカルドレーン材「ジオドレーン」およびサンドマット代替の水平ドレーン材「SBドレーン」を使用します。 ○NETIS登録工法(KTK-08...(つづきを見る

  • カタログあり

    水に負けないエアモルタル誕生!湧水、溜水、流動水状態の裏込め注入に最適

    新登場のエアパック工法工法は、”水に弱いエアモルタル”を”水に強いエアモルタル”に改良した画期的な工法です。 エアモルタル、エアミルクは、水と接触するとエアと固体粒子が分離するというグラウトとしての弱点がありましたが、その弱点をカバーした工法がエアパック工法です。 瞬時に可塑状固結状態を維持するため、限定注入が可能で、しかも材料分離がないため、均一な強度が得られます。 湧水、溜水、流動水状態...(つづきを見る

  • カタログあり

    壁面にプレキャストコンクリートパネルを用いる工事に!港湾工事など施工に…

    ハンガー式ヤジロベー工法とは、鋼矢板、鋼管矢板、コンクリート矢板等にプレキャストコンクリートパネルを取り付ける設置工法です。 港湾工事など施工の際に制約を受ける工事に適します。 【特徴】 ■ハンガープレートを取付けたヤジロベーパネルを、設置構造物の同位置に取り付けた溝型鋼等へ落し込むことで、設置構造物との間隔とパネルの上下位置を確定します。 ■溝型鋼等にハンガー(引っ掛ける)プレートを...(つづきを見る

  • カタログあり

    鉄筋コンクリートや大型構造物等の切断撤去が可能です。

    ダイヤモンドワイヤーソー工法は、切断対象物にダイヤモンドワイヤーを環状に巻きつけ高速回転で切断する工法で、特に大型の鉄筋構造物の切断撤去工事に威力を発揮します。 本機は油圧式駆動なので、低騒音・無振動、切断中は切削水を使用するため、粉塵公害の心配もありません。 遠隔操作ができ、水中切断の及び狭隘場所でも切断可能。縦・横・斜めなど、自由に切断できます。 【特徴】 ○鉄筋コンクリートや大型...(つづきを見る

  • カタログあり

    他ブロックエ、被覆石工に比べ、工費を大幅に節減することが出来ます。

    コの字型に加工された亜鉛メッキ鉄線による金網パネルを、現場にて箱型形状に組み立て、合成繊維シートで製作された袋体をセットし、施工箇所に据付後、その中にコンクリートを打設する現場打ち根固めブロック工法です。 【特徴】 ○工費の低廉化 ○工期の短縮 詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。...【特徴】 ○施工場所の制限を受けない ○施工が容易である ○水...(つづきを見る

  • 接着系注入式あと施工アンカーシステム HITプロフィシステムカタログあり

    ヒルティが誇る最新のあと施工アンカー工法 NETIS登録技術のHIT…

    ■NETISの「有用な新技術」に指定 CB-10022-VE ■名古屋市緑政土木局新技術情報 登録 ■静岡県新技術・新工法情報データベース 登録技術 あらかじめ接着系注入式アンカーの樹脂量を算出し、ピストンプラグの移動距離により樹脂量を管理。 専用ディペンサー、ミキシングノズルによる自動混合攪拌、ピストンプラグの移動距離で樹脂量を管理することで、施工者の経験や勘、熟練度に依存しない施工...(つづきを見る

  • カタログあり

    固練りコンクリートに適正な振動をかけ、十分に締め固めを行うことで耐久性…

    『レザーバック工法』は、従来の人力または大型のスクリード機械による 作業に比べ、省力化と品質向上を図ることができる工法です。容易に運搬が可能な短いスパンの部材を、現場で組み立てることで1.5mから20mの幅員での均しに、臨機応変に対応可能です。さらにエアー高周波振動により、スランプ5.5cmの高強度仕様のコンクリート均しが可能で、内部の空隙を瞬時に締固。これにより、完成後の亀裂防止、耐摩耗性/耐...(つづきを見る

  • カタログあり

    特殊ポリマーセメントモルタル吹付けによる既設RC橋脚の巻立て耐震補強工…

    『SRShotcrete工法』は、特殊ポリマーセメントモルタルを吹付ける ことにより、既設RC橋脚と一体化させ、耐震性能を向上させる工法です。 RC巻立て工法によりt=250mm以上巻立てると、 建築限界・河積阻害率がオーバーしてしまう場合や 橋脚基礎への負担増加が問題となる橋脚に適用できます。 巻立て材料をコンクリートよりも強度特性および耐久性に優れる 特殊ポリマーセメントモ...(つづきを見る

  • カタログあり

    高い耐久性と信頼性!コンクリートの漏水を即座に止める!

    『ハイドロフィット工法』は、「ハイドロ・スカイ」シリーズを使用した画期的な高耐久の止水工法です。 ひび割れ内に水があっても注入が可能で、漏水を迅速に止水します! 耐酸性、耐アルカリ性などに優れ、物理強度を高める上に、鉄筋や鉄骨の防錆効果、中性化回復効果があるため、恒久的に構造物を保護します。 漏水箇所・規模に係わらず、同じ工法で施工でき、他の工法と比べ、施工性に優れ、材料費もロー...(つづきを見る

  • カタログあり

    国土交通省のNETIS「新技術情報提供システム」に登録! 繊維補強で…

    ジョインボンド工法は、高圧水処理後に繊維補強ポリマーセメント系接着材「ジョインボンドM5000」を塗布する工法で、コンクリートの増打ち等で用いることにより打継界面での接着強度を大幅に強化し、新旧コンクリート層を一体化し、水密性を向上します。 ダム・防潮堤・水路等既存構造物への増し打ち・嵩上げ、各種公共施設の耐震補強における増し打ち・嵩上げ、その他、コンクリートスラブ・梁・柱等の新旧コンクリートに...(つづきを見る

  • ザイペックス・コンセントレート(無機質セメント結晶増殖材)の製品画像です

    コンクリートの自己修復と緻密化を武器に、世界約70カ国で実績を上げる脅…

    ザイペックス工法の主材であるザイペックス・コンセントレートは、かつて世界最長の海底トンネルとして日本の土木建設技術の高さを世界中に知らしめた「青函トンネル」掘削時の漏水問題で実績を上げて以来、実際に現場で使用した職人さんの口コミで広がり、コンクリート改質材のパイオニアとして絶大なシェアと、信頼を得ています。 一つ一つ積み重ねてきたお客様の評価と、安心の「10年保証」が確かな自信の証です。 .....(つづきを見る

  • カタログあり

    現場条件によって施工方式を使い分け!あらゆる現場条件に対応します!

    『SCM工法』は、粉体やスラリー状の固化材を原位置土と強制的に 攪拌混合する浅層・中層地盤改良工法です。 本工法は「ロータリーブレンダー方式」と「バケットミキシング工法」 の2タイプがあり、現場条件によって使い分けることにより、幅広い現場 条件に適応することが可能です。 また、専用の攪拌機構をバックホウ(0.8m3~1.9m3級)に取付けるだけ ですので、運搬・組み立てが簡便で...(つづきを見る

  • カタログあり

    全国47都道府県で累計7000件を超える施工実績!オリジナルの施工品質…

    従来のセメント系固化材スラリーを用いた機械攪拌式深層混合処理工法の施工方法に、新技術として、セメントミルクの吐出口を攪拌翼の“上下”に取り付け、掘削時には下吐出口から、引上時には上吐出口からスラリーを噴射させることで攪拌効率を最大限に高め、強度のバラツキの少ない高品質の改良体造成を可能にしました。 (撹拌装置は特許取得済) 更に品質向上と効率アップを追求した結果、新技術による大幅な改善を実...(つづきを見る

  • カタログあり

    現場で発生した高含水泥土を路体や堤体等の盛土材に再資源化する泥土リサイ…

    従来、盛土としての使用が不適とされてきた泥土に、繊維質系泥土改良材ボンファイバーと固化材を添加・混合することにより、取扱い性の向上(ハンドリング)・高耐久性・耐侵食性および液状化対策等の機能を付加した高機能地盤材料として、これらを積極的に再資源化する工法です。...【特長】 ● 含水比が高く、これまで再利用が難しかった泥土でも改良が可能 ● 取扱い性の向上(災害復旧に貢献) ● 改良直後に搬...(つづきを見る

  • カタログあり

    最も自然に近い形で国土を保全する現場吹付法枠工法!

    『ハンチフレーム工法』は、リサイクル型枠材を使用することで環境にも 配慮した現場吹付法枠工法です。 モルタル吹付工の常識を超えた高い仕上がり精度を実現します。 また、応力の集中する梁の交点部にハンチを設けることにより、 景観面は素より力学的にも安定度を高めることが可能です。 【特長】 ■リサイクル型枠材を使用 ■優れた耐久性 ■軽量 ■加工性に富んだポリプロピレンを使...(つづきを見る

  • カタログあり

    空気を抜きながら0.01mmの微細なひび割れまで注入!高密度・高深度・…

    従来の低圧樹脂注入工法では、内部の空気の阻害により、コンクリート内部構造まで樹脂が達しないことがありました。 コンクリート補修・補強工法「IPH工法」では、躯体内部に存在する空気を抜き取りながら注入された樹脂がコンクリート内で放射状に拡散することにより、末端の微細クラックまで充填することができるようになりました。 細部まで充填することにより、鉄筋とコンクリートの付着強度を高め、防錆効果も得...(つづきを見る

  • 協会本部 事務局カタログあり

    施工実績 全47都道府県で7,400件超! 工法協会員(販売施工代理…

    販売・施工体制充実のため、工法協会員(販売施工代理店)を募集中です!エリア・条件など、お気軽にお問い合わせ下さい! □充実した技術支援・技能研修制度により、ハイレベルの技術者育成が可能 □全国に広がる協会員ネットワークの活用により、貴社の事業展開をサポート スリーエスG工法は特殊掘削攪拌翼を専用マシン(クローラータイプ)に取り付け、掘削時は下吐出口から、引上時はロットを逆回転させ...(つづきを見る

  • カタログあり

    エアモルタルの優位性は損なわずに、水に強く、5,000mの長距離圧送が…

    麻生フオームクリートの『NLG工法』は、 非エア系グラウト材を使用したトンネル等の背面空洞や、 構造物と地山との空洞等の充填を目的とした工法です。 特に長距離圧送に長け、距離の長いトンネルの補修工事には最適の材料です。 また、水中でも安定した状態(不分離)を保ち、湧水のある場所や 水中での施工も可能です。 【特長】 ■5,000mの長距離圧送が可能 ■充填性に優れる ...(つづきを見る

  • カタログあり

    橋脚や建物等のコンクリート構造物の長寿命化を図ります!

    当工法は、土木をはじめとし、建築や構造物などのあらゆる コンクリート分野の耐震補強を含めた補修・改修・止水が可能な 内圧充填接合補強工法です。 鉄筋とコンクリートの付着強度を高め、さらに高い防錆効果を 得ることができ、新設時よりもコンクリート躯体を強度することが可能です。 また、道路・鉄道・空港等の施設の利用状態での施工が可能です。 柱状供試体の性能回復実験の概要も掲載しており...(つづきを見る

  • カタログあり

    土と向き合い土を活かす!大口径化と高速施工を可能にしたV-JET工法

    『V-JET工法』は、セメント系硬化材の超高圧噴射によって地盤を切削し、円柱状の改良体を高速施工で造成する高圧噴射撹拌工法です。 段差対向噴射機構を持つ特殊専用モニターを使用することで、より効率的な切削が可能となり、施工の高速化と改良体の大口径化を実現しています。 削孔から造成までをひとつの施工機で連続的に行うため、コンパクトな設備による効率的な施工ができます。 【特長】 ■大口径...(つづきを見る

  • ボンテラン工法イメージ図カタログあり

    泥土に「ボンファイバー」と固化材を混合し、取扱い性の向上、高耐久性・耐…

    【工法の特長】 ・改良土の改良直後の取扱い性を向上させ、仮置き可能な性状、または即時運搬可能な性状に改良可能 ・撹拌装置付きバックホウでボンファイバーと固化材を混ぜ合わせるだけで、誰でも簡単に施工が可能です。 【改良土の特長】 ・ボンテラン改良土は耐侵食性が高く、長期間水に直接触れた状態でも侵食が無いことを確認しております。 ・乾湿繰返し試験の結果、ボンテラン改良土は劣化せず、極めて...(つづきを見る

  • カタログあり

    コンクリート構造物の「耐力回復」を! 長寿命化に大きく寄与する工法・技…

    内圧充填接合補強工法「IPH工法」は、低圧樹脂注入のジャンルに区分されていますが、他の工法とはその目的が全く違います。 一般的に、低圧樹脂注入は、躯体内部に雨水が浸入しないように表面のクラックを塞ぐことを目的としていますが、この工法はコンクリート構造物を内部から接合補強し、躯体を一体化(健全化)させ、耐力を回復させることを目的とします。 健全化された構造物はその結果として漏水も遮断します。 ...(つづきを見る

  • カタログあり

    NETIS登録!化学的な固化材を使用しない環境にやさしい工法です。

    『真空圧密ドレーン工法』は、排水ホース付き気密キャップを取り付けたドレーンを用いて、負圧により圧密改良する工法です。 上部の粘土層を負圧シール層として利用するため、従来の真空圧密工法に不可欠であった地表面の密封シートを用いずに圧密改良ができます。 気密キャップと排水ホースを取り付けた状態で運搬、打設するため、現地作業が簡略化でき、また、一般のドレーン施工機で打設できるため、効率的な施工ができま...(つづきを見る

  • カタログあり

    環境に優しい破壊なき再生!モルタル吹付法面再生工法です。

    バスク工法(既設モルタル再生工法)は、既設の老朽化したモルタル・コンクリ吹付を剥ぎ取らずに、「ガラス短繊維補強セメント及びエマルジョン樹脂による複合材料(バスク)」の材料特性(伸縮性・密着性・接着力の高さ)を活かし、既設モルタル吹付法面上のクラック補修、背面に生じる空洞充填を施します。 さらに既設モルタル吹付全面にバスクを被覆する事により、クラックや剥離、剥落等の劣化進行を防止して、延命を図る補...(つづきを見る

  • カタログあり

    立体ハニカム構造で法面保護、擁壁、河川護岸、路盤支持力の向上等で効果を…

    耐久性に優れた高密度ポリエチレン板を千鳥状に高周波圧着し、展開したときに立体ハニカム構造になるジオセル製品です。セルの内部に発生土や砕石などの充填材を詰めることにより強度のある構造体を形成します。法面保護、擁壁、河川護岸、路盤支持力の向上等で効果を発揮します。 【特徴】 ■軽量・コンパクトなので保管に便利で現場への搬入も容易です。 ■緩勾配の斜面に展開し、アンカーピンで固定後、  覆土...(つづきを見る

  • 独自開発の撹拌バケットカタログあり

    幅広い用途に適用可能!建築物の強固な基礎づくりを実現する地盤改良工法

    『ライジング工法』は、あらかじめ掘削した土を掘削部に投入し、 独自に開発した撹拌バケットを用いて土とスラリー(W工法)または 土と固化材(D工法)を撹拌混合することで、均質性の高いブロック状の 改良体を構築する地盤改良工法です。 事前に土を掘削することにより"支持層および改良対象土を確認"でき、 さらに"固化の妨げになる有機質土や、施工の障害となる礫層・転石・ 産業廃棄物および地中...(つづきを見る

  • 環境保全型緑化工法 植物マルチ吹付工の製品画像です

    再生被覆材を活用したシバ造成

    河川敷に生育している竹・ヨシ等を裁断し、これをのり面へのシバ吹付工の被覆材として専用機による散布を行う一貫した工法です。 散布材の流失、雑草侵入防止、保温性が期待されます。 シバは炭素固定能力の高いアジア系のセンチピートグラスを用いていますが、自生種の導入の場合は現存植生の調査により多様性に配慮した手法を採用することが可能です。...【特徴】 ○堤防の河川敷に発生する植物発生材を集積場所で細...(つづきを見る

チェックしたものをまとめて:

32件中1〜32件を表示中

表示件数
45件
  • 1

おすすめ関連情報