• 【植物工場導入事例】基材追加・交換いらずのバイオ式生ごみ処理機 製品画像カタログあり

    基材追加・交換なしで10年以上の使用実績。バイオクリーンは低臭気で良質…

    東北大学との共同開発で生まれたアシドロコンポスト分解方式による、分解持続性に優れた生ごみ処理機。1日で投入した生ごみのほとんどを分解処理します。千葉大学様のトマト植物工場では、BC-500型(1日最大500kg処理)をトマトの葉や茎の処理にご活用中です。 ◆ご希望の方に堆肥サンプル進呈中!◆ 【特長】 ○分解力が長期間持続し、低ランニングコスト →分解菌(基材)の追加・交換にかかる費用...(つづきを見る

1件中1〜1件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]