• 振動による耐震診断法「動的耐震診断」 製品画像

    PR従来の耐震診断に、建物をゆらすことで得られる「実測値」を加えることで …

    動的耐震計測システムは、起振機を建物の2階に設置して実際に小さな地震(震度1~2程度)を起こし、建物の東西・南北方向に揺らすことで建物の挙動を計測するシステムです。 従来の耐震診断では出来なかった、建物が震度いくつの地震まで安全性が⾼いかを数値化することができます。また、地盤調査「表面波探査法」と併用することで建物と地盤の相性(「共振」)も分かるため、リフォーム時や新築時の建物補強の重点箇所...(つづきを見る

  • 自然災害防災システム『ZEROSAI』 ※導入事例集をプレゼント 製品画像

    PR観測・予測・報知・現場監視を一体化!低コストで簡単にリアルタイム共有。…

    『ZEROSAI』は“災害0”を実現すべく開発された自然災害防災システムです。 雨量や風向・風速、温湿度を計測する気象観測装置「Nセンサー」、 気象予測を瞬時にリアルタイムでお伝えする「防災盤」、 現場の作業従事者に気象の急変を瞬時に伝える「防災灯(電光掲示板)」、 気象観測と連動した「遠隔ビデオカメラ」です。 「実況」「予測」の2段構えで高精度に気象予測が行え、 工事現場や小...(つづきを見る

  • 分電盤警報装置 製品画像カタログあり

    分電盤設備の異常温度の安全対策に最適/分電盤警報装置の新製品

    5.小型アラーム盤と温度感知線(80℃)を組合せた「分電盤警報装置」です。 6.消防法令基準の定める定温式感知器1種(120秒)の性能に対応できる製品です。 ◆温度感知線の特徴 1.電源や計測機器不要の物理的動作で直接に温度感知と信号を発する事ができる。 2.周囲の温度が設定温度(80℃)に達すると2線間が短絡して温度感知し、信号とする。 3.電気設備の電線と同様の配線ができる。また...(つづきを見る

1件中1〜1件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。