• ヘルメットで熱中症危険度を見える化!『eメットシステム』 製品画像

    PRヘルメットにセンサをつけるだけ!危険な状態の時は警報。作業者の体調の一…

    『eメットシステム』は、お手持ちのヘルメットにセンサーを取り付けて、 専用のアプリをスマホにダウンロードするだけで、 簡単・手軽に熱中症危険度の見える化が可能になります。 ひたいの温度の変動や、作業環境の温度・湿度が測定できるほか、 危険度の閾値を設けることで個々の熱中症危険度を判断可能。 現場監督者や管理者は、離れた場所からでも タブレットやパソコンで、個々の作業者の状態を確...(つづきを見る

  • 振動による耐震診断法「動的耐震診断」 製品画像

    PR従来の耐震診断に、建物をゆらすことで得られる「実測値」を加えることで …

    動的耐震計測システムは、起振機を建物の2階に設置して実際に小さな地震(震度1~2程度)を起こし、建物の東西・南北方向に揺らすことで建物の挙動を計測するシステムです。 従来の耐震診断では出来なかった、建物が震度いくつの地震まで安全性が⾼いかを数値化することができます。また、地盤調査「表面波探査法」と併用することで建物と地盤の相性(「共振」)も分かるため、リフォーム時や新築時の建物補強の重点箇所...(つづきを見る

  • 携帯型レーザー距離測定器 Gフォース1300 製品画像カタログあり

    5〜100m測定時は精度±0.5m、表示単位0.1mを実現。

    れるので、測りたい目標物から目を離さずにボタン一つで作業可能 ・最新のマイクロプロセッサーと高速クロック距離測定ボードを搭載。 ・コンパクトに集約された人間工学に基づくボディ ・小さい目標への計測時など背景への誤認識を防ぐブルズアイ(標的)モード、最遠からのレーザー反射を優先識別し、感知するブッシュ(藪)モード、目標物からの反射が弱い場合、自動的に測定を助けるスキャンモード機能搭載 ■...(つづきを見る

  • デジタル水盛器 ジップレベルプラス30 製品画像

    ジップレベルは測定モジュールを置くだけで高低差を測れるデジタル水盛器で…

    ■特長 ・レーザーレーザーや水盛管を使うことなく基準点からの高低差をワンタッチ計測 ・作業範囲は最大60m(本体より半径30m)と広面積 ・最大±6mの高低差を±2mm(高精細モード時:±0.2mm)精度で測れる ・基準点をボタンで認識させた後は、センサーホースを測りたい場...(つづきを見る

2件中1〜2件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

分類で絞り込む

[-]

PR