チェックしたものをまとめて:

  • PRワンボタンの簡単スキャニング。データ転送までが約3分。小型で持ち運びも…

    『LEICA BLK360』は、本体のボタンを押すだけの簡単操作で 即座にスキャニングを開始できる3Dレーザースキャナーです。 高精度の点群データとフルカラーのパノラマ画像を同時に取得し、 データの取得から iPad Pro へのデータ転送までが簡単な操作で約3分で行え、 大幅な生産性の向上に貢献します。 LEICA BLK360は、 メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2...(つづきを見る

  • PR「部分放電測定技術」で設備を稼働したまま絶縁診断。異常の兆候を捉えてト…

    長年お使いになっている受変電設備の状態を、定期的に把握されていますか? 設備トラブルを未然に防止し、安定稼働を維持するためには計画的な診断が不可欠です。 当社では「部分放電測定技術」により、設備の異常兆候を、 稼働中のまま確実に診断することができます。 電磁波センサ(TEV)や高周波電流検出器(HFCT)など、 設備に合わせて複数のセンサを使用し、部分放電を検出。 さらに、...(つづきを見る

  • 多点同時変位計測システムの構成図カタログあり

    複数台のレーザー距離計で切羽や構造物等の挙動を監視し、最小1秒間隔の多…

    従来は山岳トンネルにおける切羽全体の挙動監視において、1台の自動追尾型 トータルステーションにより複数点の変位を順番に計測する方法でしたが、多点同時変位計測システムは複数台のレーザー距離計により複数点の変位を同時に連続で計測します。レーザー距離計により連続的に多点同時計測したデータを、ワイヤレス通信で計測用パソコンに転...(つづきを見る

  • カタログあり

    非接触で350m以内の「地形・地物・構造物等」の表面形状を三次元座標化…

    計測用パルスレーザーを水平・垂直両方向に高速スキャニングさせ、対象物に反射して返ってきたレーザーの時間と方向を計測することで、対象物の三次元座標を求めます。 3次元計測 3次元レーザースキャナーは、『カタログをダウンロード』よりご覧頂けます。...(つづきを見る

  • ジオカルテ3 SDS TypeFカタログあり

    1台に地盤調査・土質判別の機能を兼務する

    ックユニット部の交換が必要でしたが、今回、新しく両方の試験が可能なチャックユニットを開発しました。これにより、現場での機械の交換が不要となり作業効率がアップします。 (2)高精度な荷重制御とトルク計測を実現 当社独自に開発した荷重センサで、試験荷重をリアルタイムで計測するとともに、その荷重をフィードバックして制御することにより高精度で安定した試験を実現します。また、荷重センサ同様、当社独自のト...(つづきを見る

  • 杭打設管理システム【パイルナビ-V】カタログあり

    杭の水平・鉛直確認を視覚的に行える施工位置管理システム

    の水平・傾き状態を確認できます。 ノンプリズムトータルステーションから得られる測定データが車載モニターに反映され、杭上部(杭下部)の偏差をビジュアルで確認できます。 ●計算概念 杭の2点を計測し、杭の2点の座標ならびに既知の半径(杭の寸法)から杭の中心座標を算出します。杭の上部・下部をそれぞれ計測することで杭の傾きを確認することもできます。 ※バイブロハンマー等にプリズムを設置すること...(つづきを見る

  • カタログあり

    通常の測量よりも離れた場所から安全で効率よく作業を行う事ができます。

    3Dレーザースキャナーによる現況確認システムは、地上型3Dレーザースキャナーの特性を活かし、計画・計測・点群・三角網生成・縦横断図作成までの一連作業規格を統一し、土工事や舗装工事で要求される起工時の現況確認及び施工後の出来形確認をサポートするシステムです。 作業員が危険箇所に立ち入らなくてもよく、...(つづきを見る

  • カタログあり

    実際に建物を振動させて耐震性を計る

    起振機を建物の2 階に設置して⼩さな地震を起こし、建物の挙動を計測します。 建物が震度いくつの地震まで安全性が⾼いか計測します。 【特徴】 ■エンドユーザーに理解しやすい調査方法 ■耐震補強の優先順位を分かりやすく提案 ■プロの目+機械計測による調査...(つづきを見る

  • カタログあり

    スウェーデン式サウンディング自動貫入試験機(地盤調査)『ジオカルテ3』

    【特徴】 ◆試験、測定記録を正確に自動化 →貫入ロッドの回転数計測、自沈検出と荷重変更0.25、0.50,0.75,1KNを自動制御。データの記録ミス、事務所での転記、打込みミスがなく、試験の信頼性を高めます。 ◆力仕事の負担を減らし作業効率を大幅に向上 ...(つづきを見る

  • カタログあり

    施工直後に柱状改良の品質確認が容易に!

    ミキシングテスター法とは、セメント系固化材のスラリーを用いる柱状改良の品質検査です。 本法は、未固結の柱状改良にプローブを挿入し、全長にわたって電気比抵抗を計測し、その均質性を数値化して明確にする技術です。 【特徴】 ○施工直後に品質管理ができる ○柱状改良の品質を、数値化して記録として残すことができる ○設計杭長に達しているのか明確になる ...(つづきを見る

  • カタログあり

    地盤の液状化判定を従来法より経済的かつ効率的に実施できます。

    留間隙水圧比と細粒分含有率Fcの関係」から1打撃毎の細粒分含有率Fcを推定し、得られたNd値、Fc等から液状化強度を評価します。 深度1mに1点しか算出出来ない標準貫入試験と比較し、1打撃毎の自動計測を行うことにより地盤の不均質性を連続的に評価できます。 特に効果の高い適用範囲としては、沖積低地に広がる軟弱地盤で互層地盤となる不均質な地盤調査が最適です。 【特徴】 ○狭い場所でも設置は...(つづきを見る

  • コア4点スケール

    らくらくコア測定

    ■一度に4点計測で時間節約! 採取したコアサンプルを中に入れるだけ。 4面に付いたスケールで一度に4点の厚さが測定できます。...(つづきを見る

チェックしたものをまとめて:

10件中1〜10件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

おすすめ関連情報

分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]

PR