• 地盤調査方法『表面波探査法』※ハンドブックプレゼント中! 製品画像

    PR【住宅向け】「点」ではなく「面」で測定し、地盤にキズをつけない非破壊検…

    「表面波探査法」は、起振機で地盤に振動を与えて、その振動を2個の検出器で受け取り、検出器間に伝わる振動のスピードを計ります。 スピードが速ければ地盤が固く、遅ければ軟らかい地盤ということになります。計測する範囲は検出器間隔最大1000mmの範囲となるため面的な地盤強度を計測する事が出来ます。 また、地盤中にガラ・礫等の異物が混在していても深さ10mまで計測する事が出来ます。 面的な地盤強...(つづきを見る

  • 【空間内の温度検知・火災対策】遠隔温度監視システム『LIST』 製品画像

    PR温度変化を遠隔から常時監視し、「目に見える安心」を提供します※導入事例…

    ケーブル内に等間隔で埋め込まれた温度センサが、 周辺温度を10秒周期で計測し、リアルタイムな温度情報を提供します。 これにより、管理者は遠隔から常時温度を監視することができ、 異常な温度変化に迅速に対応することができます。 また、火災時には「火点位置」を最小1m間隔で正確に検知し、管理者に提供します。 予備警報と本警報の2段階検知により誤報を排除し、 他の防災機器との連携による火災...(つづきを見る

  • 杭打設管理システム【パイルナビ-S】 製品画像カタログあり

    シートパイル(鋼矢板)打設管理システム

    ノンプリズムトータルステーションを用いてシートパイルの位置を測定し、実測値からの法線の出入りと傾きをビジュアルで表示します。重機のオペレーターは操縦席のモニターでシートパイルの前後の法線の出入りと傾きを確認しながら調整を行うことができるシステムです。 <NETIS登録:KT-120091-VE>...ノンプリズムトータルステーションを用いてシートパイルの位置を測定し、実測値からの法線の出入りと傾...(つづきを見る

  • 建物沈下修正工法『すいへいくん』 製品画像カタログあり

    基礎ごとジャッキアップ!建物に歪みを与える事なく、安全に沈下を修正する…

    つ確実に行う事の出来る超多点ジャッキ自動運転管理システムです。 基礎ごとジャッキアップし、建物内部に変状を与えることなく安全に建物を矯正します。 本システムはジャッキ自動運転管理装置とレベル計測管理装置で構成されています。 【特長】 ■ジャッキ32台を自動運転制御する事ができる ■32ポイントでレベル変位過程を常時監視することができる ■ジャッキスピード(伸長速度)を個別に設定...(つづきを見る

2件中1〜2件を表示中

表示件数
45件
  • 1

※このキーワードに関連する製品情報が登録された場合にメールでお知らせします。

分類で絞り込む

分類で絞り込む

[-]

PR