建設機械用油圧継手 ORSアダプター
建設機械用油圧継手 ORSアダプター http://kensetsu.ipros.jp/public/product/image/162/96080035/IPROS2849583646171021430.png 《ORS カタログラインナップ》 ・テーパーねじタイプ ・オスメスタイプ ・油止めタイプ ・ホース接続タイプ ・Tタイプ ・Oリングボスタイプ ・座付タイプ ・技術資料 ※シリーズの詳細は『資料請求』『カタログダウンロード』でご確認下さい。 ※カタログに未掲載の異径タイプや特殊タイプにつきましても、フレキシブルに対応が可能です。是非お問い合わせ下さい。 共栄ハイドリック株式会社 設備 > 給排水設備機器 > 継手 建設機械用油圧継手 ORSアダプター -
  • 【サイズ別商品一覧カタログあり】豊富な種類で在庫も多数!Oリング溝は離脱防止構造を採用し、取り付け時のOリング破損を防ぎます!
    共栄ハイドリック株式会社
    共栄ハイドリックの ORS(O-RING・FACE・SEAL)アダプターは、建設機械用の油圧配管継手です。

    Oリング溝に離脱防止構造を採用。
    取り付け時のOリング破損を減少させます。


    ★シール性のポイント★
    ホース金具の接続方法は何種類かの形状がありますが、
    ORSは金属同士の接続方法と比べ、Oリングにてシールさせることでシール性が向上。
    またフランジなどのようにボルトが不要なので、
    オスネジとメスネジを嵌合させるだけで容易に配管できます!


    ●低コストで高品質、各種類・各サイズとも豊富な在庫にて対応します。
    ※シリーズの詳細は『資料請求』『カタログダウンロード』でご確認下さい。
    ※カタログに未掲載の異径タイプや特殊タイプにつきましても、フレキシブルに対応が可能です。是非お問い合わせ下さい。
  • 建設機械用油圧継手 ORSアダプターの製品画像です
    画像をクリックして拡大イメージを表示

基本情報建設機械用油圧継手 ORSアダプター

《ORS カタログラインナップ》
・テーパーねじタイプ
・オスメスタイプ
・油止めタイプ
・ホース接続タイプ
・Tタイプ
・Oリングボスタイプ
・座付タイプ
・技術資料

※シリーズの詳細は『資料請求』『カタログダウンロード』でご確認下さい。
※カタログに未掲載の異径タイプや特殊タイプにつきましても、フレキシブルに対応が可能です。是非お問い合わせ下さい。

価格

-

価格帯

納期

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

建設機械用油圧継手 ORSアダプター

用途/実績例

建設機械などの油圧配管のホース金具と機械本体の接続用に。

よく使用される業種

内装工事業、電気設備工事業、給排水工事業、建設コンサルタント、建材・資材・什器メーカー、機械・設備・建機製造、電気・ガス・水道業、水産・農林業

カタログ建設機械用油圧継手 ORSアダプター

  • ●低コストで高品質、各種類・各サイズとも豊富な在庫にて対応します
    ※シリーズの詳細は『資料請求』『カタログダウンロード』でご確認下さい。
    ※カタログに未掲載の異径タイプや特殊タイプにつきましても、フレキシブルに対応が可能です。是非お問い合わせ下さい。
    [PDF:5MB]

取扱会社建設機械用油圧継手 ORSアダプター

共栄ハイドリック株式会社

高圧ホース・テフロンホースを中心とする各種ホースの製造販売。(特殊用途の設計も可能です。)ホースに関連する継手や配管部品、油圧製品等の金属加工品や樹脂製品切削加工、金型成形等の取り扱いもしております。(設計製作も承っております。)

建設機械用油圧継手 ORSアダプターへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

共栄ハイドリック株式会社

建設機械用油圧継手 ORSアダプター が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー