株式会社ワイズトレーディング 樹幹注入の問題解決!カシナガトラップで枯死木発生を抑え森林を守る

ナラ枯れの原因であるカシノナガキクイムシを捕獲し、生存木を林内に増やして森を面的に守ります!

ナラ枯れとは、カシノナガキクイムシ(以下、カシナガ)が、
樹木に集中的な攻撃(マスアタック)を加えることで樹木が枯れる被害です。

カシナガトラップは、カシナガの穿入を受けても生き残った
穿入(せんにゅう)生存(せいぞん)木(ぼく)を林内に増やすことで、森を面的に守るための道具です。

カシナガの穿入を受けた木のうち半数程度は穿入生存木になます。
穿入生存木に穿入したカシナガは、木の抵抗(樹液)によって死亡する一方、
穿入を受けて枯れた木ではカシナガが繁殖に成功し、育った子供達が翌年の被害を起こします。

カシナガトラップを用いた防除法は、木に加勢することで被害を抑える方法なので、
自然の力を活かした薬剤に頼らない安全な防除法であり、重労働もありません。

カシナガトラップを用いた防除法の最大の特徴は、枯死木の発生を抑えることで、
枯死木の処理に必要な経費が削減でき、トータルの経費が抑えられることができます。

関連動画樹幹注入の問題解決!カシナガトラップで枯死木発生を抑え森林を守る

基本情報樹幹注入の問題解決!カシナガトラップで枯死木発生を抑え森林を守る

【樹幹注入の問題について】
小林正秀さんのYouTubeより抜粋↓

樹幹注入の問題に気付いた人も多いはずなのに、みんな沈黙しています。
唯一、「私も動きましょうか」と言ってくださったのは、佐藤重穂さんでした。
佐藤さんからは「樹幹注入の問題点をまとめるべき」との助言も得て、それは、すぐに完成しました。
樹幹注入につては、ソフトランディングのための努力してきましたが、なんともなりませんでした。
そこで、私も、ナラ枯れは終息して樹幹注入もあまり使われないので、放置するつもりでした。
しかし、大阪万博公園の、私が,調査したコナラが倒れて、通行人の頭部に当たり、後遺症が残る重症になりました。
おまけに、関東平野でナラ枯れが拡大し、問い合わせも増えています。
御蔵島などは、いまだに、樹幹注入しています。
2020年に、樹幹注入木がかなり枯れて、関係者は「樹幹注入に効果が有るかどうかはわからないが、今は、それしかない」などと言ってます。

樹幹注入の問題点をまとめた動画を作成したので、是非、ご覧ください。
https://youtu.be/TD4iOJdABLk

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ナラ枯れ

取扱企業樹幹注入の問題解決!カシナガトラップで枯死木発生を抑え森林を守る

logo.PNG

株式会社ワイズトレーディング 本社

■国内・海外での食品及び食品加工品の開発・輸入販売 ■鳥獣撃退器の開発販売・カシノナガキクイムシトラップ開発販売

樹幹注入の問題解決!カシナガトラップで枯死木発生を抑え森林を守るへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社ワイズトレーディング 本社

樹幹注入の問題解決!カシナガトラップで枯死木発生を抑え森林を守る が登録されているカテゴリ