VMC Motion Technologies株式会社 【建機設計に活用】建機作業・土壌のバーチャルシミュレーション技術

土壌の挙動と建機動作をバーチャルに再現。モデルベース開発のサポートツールとコンサルティングを提案します【ウェブセミナー開催】

土壌シミュレーションツール『AGX Dynamics』は、建機作業、土木施工の様々な作業をバーチャル空間で再現することを可能にする技術です。

【活用事例】
★ショベルによる掘削、ブルドーザやロードローラーによる整地、
 クローラやタイヤによる走行、ダンプなどによる土砂運搬、などの土木作業の再現

★土木作業時に、建機のどの部分にどのくらいの力がかかっているか、
 バケット先端にかかる掘削反力など、力に関する情報の取得

★掘削後、整地後の土砂の形状を再現し、地形データの取得

★泥や土、礫などさまざま性状の土壌を土質力学の各種パラメータの調整により再現

★ゲームエンジンなどを使い可視化、VR視聴

★他ツール・ソフトと連成したシミュレーションを構築も可能

シミュレーションを用いた建機の設計、現場作業の効率化にご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

※9月22日(水)、9月29日(水)にウェブセミナー開催します。
以下のページで詳細確認、申し込みが可能です。

https://www.vmc-motion.com/seminar/

関連動画【建機設計に活用】建機作業・土壌のバーチャルシミュレーション技術

基本情報【建機設計に活用】建機作業・土壌のバーチャルシミュレーション技術

「AGX Dynamics」はシミュレータ構築のための開発ツールです。

建機、土壌だけでなく、ロボット、クレーンなど幅広い分野で活用されていますが、その中で、土壌のコンピュータシミュレーションは、新しい技術で、現在、大手建機メーカーや国立研究所・大学等で先行開発や研究での活用が始まっています。

この開発ツールは、ユーザー自身でシミュレータを構築できる高い汎用性を持っています。

一方で、ユーザー側に相応のスキル、工数を要求します。一般のCAEツールの価格帯に属し、お手軽ツールではないかもしれません。

しかし私たちは、バーチャル上に、信頼できる建機や環境モデルを再現することは、将来にわたりさまざまなメリットを生むと信じています。

当社では、ユーザーが本当に使えるシミュレータツール構築のため、コンサルティングサービスも提供しています。

こんなことに使えるのでは、というアイディアありましたらお問合せください。

実現の可否可能性や費用感、開発規模間など、弊方の知見をもとにアドバイスさせていただきます。

価格情報 お問い合わせください。
価格帯 100万円 ~ 500万円
納期 ~ 1週間
型番・ブランド名 AGX Dynamics
用途/実績例 日本、欧州を中心に以下の業界、用途で活用事例があります。

【業界】
産業用ロボットメーカー
建設・土木機械メーカー
大型機械メーカー
自動車メーカー
電機メーカー
ゼネコン
研究機関
大学

詳細情報【建機設計に活用】建機作業・土壌のバーチャルシミュレーション技術

ホイールローダーと、テレイン(軟弱地面)、土砂掘削のシミュレーションです。
建機・重機設計、制御検証など高い精度を求められる用途から、トレーニングシミュレータ目的のリアルタイム性重視の高速なシミュレーションにも対応しています。
最近では施工自動化に向けたさまざまな開発に活用されることが期待されています。

ロボットによる剛体把持のシミュレーションを行っています。
一般的に安定したシミュレーションが難しい把持状態の継続も拘束条件の最適化で安定して取り扱うことが可能です。
また、接触点における反力の取得や、ロボット各軸のトルクなど、シミュレーション内でさまざまなパラメータの取得が可能で、ティーチングレスや人工知能との連携での活用が期待される用途となっています。

ケーブルのシミュレーションです。
AGX Dynamicsは剛体の拘束シミュレーションを取り扱っていますので、基本的に柔軟物の取り扱いはできません。
このケーブルシミュレーションでは、多くの小さな剛体を拘束でつなげることによってケーブルを表現し、その拘束に減衰や弾性のパラメータを設定することでシミュレーションを実施したいケーブルの挙動を再現させます。
また、このシミュレーションでは拘束は6自由度を持っており、移動だけでなく回転も見ています。そのためねじり現象まで再現することが可能です。
6自由度を持つ拘束で剛体を連続でつないでもシミュレーションが発散しないところにAGX Dynamicsの物理エンジンとしての優位性があり、これを実現する直接法ソルバが技術的に優れている点になります。
これはケーブルだけでなく、例えば産業用ロボットや建設機械のような各剛体がスティッフに連結されている機構のシミュレーションでも精度、パフォーマンスで優位性を示します。

カタログ【建機設計に活用】建機作業・土壌のバーチャルシミュレーション技術

取扱企業【建機設計に活用】建機作業・土壌のバーチャルシミュレーション技術

grasping robot 3.png

VMC Motion Technologies株式会社

当社では、今までシミュレーションが難しかった、ケーブル、ワイヤー、粒子、クローラーなどのシミュレーションを実現できる物理エンジン「AGX Dynamics」の提案と、その実装を通じたシミュレーション構築のサポートを行っています。 独自のシミュレーターを構築することにより、社内の他のシステム(制御など)との連成、人工知能・機械学習との連携など、さまざまな新しい可能性が生まれます。 既成のシミュレーションソフトウェアでは解決、実現できなかった課題を、カスタムシミュレーターがお手伝いできるようお客様とともに課題解決に努めております。

【建機設計に活用】建機作業・土壌のバーチャルシミュレーション技術へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

VMC Motion Technologies株式会社