アップコン株式会社 【道路】コンクリート舗装版沈下修正工法 交通規制の早期解放を実現

コンクリート舗装版に生じた段差・バタつきなどの変状を、専用に開発された高強度ウレタン樹脂を使用し、短工期で修正します。

高速道路などに多用されているコンクリート舗装版に生じた、段差・バタつき、などの変状の解消、橋梁部踏掛け版下に発生した、空隙・空洞の充填など、専用に開発したウレタン樹脂を使用して、既設コンクリート舗装版を壊さずに短工期で修正します。

工法は、段差やバタつきが発生しているコンクリート舗装版に小さな孔をあけ、ウレタン樹脂を注入、ウレタン樹脂の発泡(膨張)圧力でコンクリート舗装版を押し上げ段差・バタつきを解消、空隙や空洞はウレタン樹脂の膨張力で隙間なく充填し、ウレタン樹脂を注入することで表層路盤の緩みも解消します。

■開削工事を必要とせず枕版の沈下修正も可能に!
枕版の沈下を修正するためには従来工法では開削が必要であり、そのため長期連続規制や通行止めが必要なことから応急的な補修対応しかできていませんでした。
アップコンのコンクリート舗装版沈下修正工法では、沈下した枕版の下に液体状のウレタンを注入し、ウレタンが固体に変化する際の発泡(膨張)圧力により枕版をジョイントごと押し上げてジョイント部の沈下・段差を修正できるようになりました。
非開削での補修の実現により、実績を重ねています。

関連動画【道路】コンクリート舗装版沈下修正工法 交通規制の早期解放を実現

基本情報【道路】コンクリート舗装版沈下修正工法 交通規制の早期解放を実現

【特長】
■短工期
打ち替え工法と比べ工期約1/10
■表層路盤のゆるみを解消
液体状のウレタンを注入することで、砕石の隙間にウレタン樹脂が入り込み路盤を強化します
■開削せずに枕版の沈下を修正可能
非開削での工事を可能にし、交通規制の早期解放を実現します
■コンパクトな施工パッケージ
資機材一式を搭載したトラックを配置するだけで施工可能です


【施工の流れ】
1プラント車設置
発電機・コンプレッサー・注入器・ホースなど工事に必要な資機材一式をトラックに搭載。
2準備工
施工前のレベル測量を行い施工前の現況の確認。1mピッチにマーキングをし、直径16mmの小さな孔を空ける。
3注入工
常時路面のレベルを確認しながら、段階を分けてウレタンを注入。
4雑工・完了
レベル測量を行い、注入孔の穴埋めをし、完了。


アップコンは調査から施工まで一貫して行っており、迅速に対応いたします。

※ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 【実績】
国土交通省関東地方整備局、国土交通省中部地方整備局、国土交通省東北地方整備局、国土交通省北陸地方整備局、国土交通省近畿地方整備局 他
高速道路各社

カタログ【道路】コンクリート舗装版沈下修正工法 交通規制の早期解放を実現

取扱企業【道路】コンクリート舗装版沈下修正工法 交通規制の早期解放を実現

PC013241.jpg

アップコン株式会社 【本社】神奈川県川崎市 【事務所】札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡

<土木工事業 及び 建築工事業> ●コンクリート床スラブ沈下修正工法「アップコン」による施工・施工管理 (床沈下修正・床下空隙充填・床下空洞充填・床振動抑制) ●硬質発泡ウレタン樹脂を使用した技術的研究・開発 ●ウレタン製土壌改良材「ナテルン」による施工・施工管理・販売 ●農業用水路トンネル機能回復加圧式ウレタン充填工法「FRT工法」による施工・施工管理(※他3社との共同開発技術)

【道路】コンクリート舗装版沈下修正工法 交通規制の早期解放を実現へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

アップコン株式会社 【本社】神奈川県川崎市 【事務所】札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡