フリアーシステムズジャパン株式会社 サーマルカメラ活用事例『高速道路における事故や事象対応』

停止車両やトンネル内火災の検出、交通データの取得で活躍。夜間や逆光・影がある場合も高精度に検知

高速道路におけるサーマルカメラの活用例をご紹介します。

当社ソリューションでは、サーマルカメラと画像解析技術の統合により、
照度が低くなる夜間や、逆光・ヘッドライトの映り込み、
影の被さりがあった場合も問題なく映像取得が可能。

事故や事象を迅速かつ見落としなく検知できる仕組みを構築できます。

【活用シーン】
■停止車両の早期発見
 移動していない車両を検知すると、その情報を外部に送信
■トンネル内での火災検知
 可視カメラや肉眼では見えない煙の中の状態も把握可能
■交通データの取得と交通量の監視
 渋滞の監視や道路工事中の交通安全の確保に貢献

※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

基本情報サーマルカメラ活用事例『高速道路における事故や事象対応』

【画像解析の仕組み】
・カメラまたは検知ボードを設置し、検知対象エリアを映像上の希望箇所に設定
・車両や歩行者が検知設定済みゾーンに入ると、専用のアルゴリズムが動作し各種検知データを取得
・圧縮された映像を警告アラームと共に管制室へと送信
・交通信号機や各種連動機器、またはVMSなどのサードパーティーシステムも一括制御可能

※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

カタログサーマルカメラ活用事例『高速道路における事故や事象対応』

取扱企業サーマルカメラ活用事例『高速道路における事故や事象対応』

T10xx.jpg

フリアーシステムズジャパン株式会社

フリアーシステムズは半世紀以上赤外線カメラを開発、製造してきたパイオニアです。 業界では市場シェア60%以上、グローバルNO.1の赤外線サーモグラフィの会社です。 顧客のニーズに合わせた豊富なラインナップが特徴であり、ハンディタイプ、固定型、高速・高密度な赤外線カメラを提供いたします。

サーマルカメラ活用事例『高速道路における事故や事象対応』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

フリアーシステムズジャパン株式会社

サーマルカメラ活用事例『高速道路における事故や事象対応』 が登録されているカテゴリ