秩父ケミカル株式会社 豪雨対策に!強化型プラスチック製 雨水貯留槽『ニュープラくん』

高強度化・軽量化を実現した雨水貯留構造体!組立後の実質空隙率は95%以上。公共施設、商業施設、福祉施設、マンション等で活躍!

『ニュープラくん』は、軽量かつ耐久性や強度にも優れた強化型プラスチック採用の
雨水貯留槽です。構造解析技術に基づいた独自設計・組立構造により、
一般的な再生PP樹脂製に比べて長期クリープ強度を向上させています。

組立後の実質空隙率は95%以上を確保し、高い貯留効果を発揮。
公共施設・商業施設・福祉施設・マンションなど幅広く活躍します。

【特長】
■長期クリープ性能は(公社)雨水貯留浸透技術協会の新技術基準に対応
■本体の重さが約3kgと軽量。ジョイント部材を無くしたことで作業効率がアップ
■最小施設高0.35mのため、地下水位が高い場所での適用可能性が拡大
■点検カメラを内蔵したクリーンロボを採用することで、槽内の点検が可能
■浸透型、貯留型どちらにも対応可能
■(公社)雨水貯留浸透技術協会 技術評価認定を取得

★2021年12月、BSテレ東で放送された
「世界を救え!スゴ腕カンパニー ~ニッポン中小企業の底力~」にて
 当社のタイ事業が紹介されました。下記よりアーカイブ動画がご覧いただけます。

※製品の詳細は資料をダウンロードしてご覧ください。

関連動画豪雨対策に!強化型プラスチック製 雨水貯留槽『ニュープラくん』

基本情報豪雨対策に!強化型プラスチック製 雨水貯留槽『ニュープラくん』

【ニュープラくんの構造部材】
《本体ブロック》
  F型(凹)とM型(凸)の2種類があります。大きな空隙を確保しつつ、
  鉛直方向の荷重に対する充分な強度を保有しています。
《フレーム》
  本体ブロックのジョイント部材として使用します。高強度のポリプロピレンを原料として
  採用しており、水平方向に対して十分な強度を保有しています。
《天板》
  上面、天端部を水平にするために使用します。

※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくは資料をご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

カタログ豪雨対策に!強化型プラスチック製 雨水貯留槽『ニュープラくん』

取扱企業豪雨対策に!強化型プラスチック製 雨水貯留槽『ニュープラくん』

logo.jpg

秩父ケミカル株式会社 本社

【プラスチック製雨水貯留浸透施設の製造販売】 ○『ニュートレンチくん』国土交通省の新技術情報提供システム『NETIS』に登録(NETIS NO.KT-130092-A)(現在は登録期間満了) ○独立行政法人国際協力機構(JICA)の2013年度「普及・実証事業」に採択 ○『ニュートレンチくん』(一社)建築設備綜合協会主催 第14回環境・設備デザイン賞 入賞 ○独立行政法人国際協力機構(JICA)の2017年度「案件化調査」に採択 ○独立行政法人国際協力機構(JICA)の2018年度「普及・実証・ビジネス化事業(中小企業支援型)」に採択 【加入団体】 公益社団法人雨水貯留浸透技術協会 公益社団法人日本下水道協会 一般社団法人建築設備綜合協会 社団法人茨城県建築士会 埼玉県設備設計事務所協会 雨水ネットワーク会議 全国トース技術研究組合

豪雨対策に!強化型プラスチック製 雨水貯留槽『ニュープラくん』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

秩父ケミカル株式会社 本社

豪雨対策に!強化型プラスチック製 雨水貯留槽『ニュープラくん』 が登録されているカテゴリ