AGC株式会社 羽田空港第2ターミナル国際線拡張部屋根に採用の膜構造用フィルム

羽田空港第2ターミナルに新たに整備された国際線施設の屋根材としてAGCのETFEフィルムアフレックス(R)が採用されました。

日本の首都圏の空の玄関口である羽田空港第2ターミナルに新たに国際線施設が整備され、屋根材としてAGCのETFEフィルムアフレックス(R)500㎛厚が約9,000m2の大面積に採用されました。

製品特徴:
◇AGCの高機能フッ素樹脂ETFEフィルムアフレックス(R)は
膜構造用フィルムとして国土交通大臣の認定を取得しています
◇軽量な膜構造用フィルムは構造鉄骨の負荷を軽減します
◇フィルム自体の自己消火性により災害に強い空港設計に貢献します
◇当物件では2層クッション構造による断熱効果に加え、
 特殊な印刷柄と遮熱効果のある高反射インキを重ねて印刷し
 意匠性と快適性を向上させています




基本情報羽田空港第2ターミナル国際線拡張部屋根に採用の膜構造用フィルム

コンテンツ:
アフレックス(R)が羽田空港第2ターミナルに採用された経緯や
工事で起きた苦労話などをまとめた、スペシャルコンテンツ(PDF版)を
ご覧いただけます。 


カタログダウンロードしてください。

価格 -
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 アフレックス(R)
用途/実績例 【用途】
○膜構造物
○農業用ハウス
○離型用フィルム
○道路吸音材保護膜
○各種ラミネーション
○太陽電池カバー
○ホワイトボード

カタログ羽田空港第2ターミナル国際線拡張部屋根に採用の膜構造用フィルム

取扱企業羽田空港第2ターミナル国際線拡張部屋根に採用の膜構造用フィルム

rogo_image.png

AGC株式会社 化学品カンパニー

化学品事業

羽田空港第2ターミナル国際線拡張部屋根に採用の膜構造用フィルム が登録されているカテゴリ