株式会社SKT 小型重機を用いた大径鋼管中堀工法『回転圧入工法』

小型重機1台で施工可能!短工期・省スペース・低コストで、多彩な管径に対応!

『回転圧入工法』とは、油圧モーターを装着したバックホー・クレーンにて、
掘削、圧入すべてを一台でまかなう工法です。

小型重機1台で施工するため、輸送コストが低く、組み立て、展開作業も
不要であり、省スペースでできます。

鋼管の圧入と中堀を繰り返すため、孔壁の崩壊が起きず、施工性も良好です。

【特長】
■現場の広さや環境に応じて、バックホー型とクレーン型を選択可能
■輸送コストが低く、組み立てや展開作業が不要で施工性が良い
■鋼管の圧入と中堀を交互に行う為、孔壁の崩壊が起きない
■極めて少ないスペースで施工が可能
■φ609.6/φ812.8/φ914.4/φ1016.0の鋼管サイズに対応

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連動画小型重機を用いた大径鋼管中堀工法『回転圧入工法』

基本情報小型重機を用いた大径鋼管中堀工法『回転圧入工法』

【施工概要】
■バックホー使用時
1.杭芯合わせ
2.オーガーによる先行掘削
3.鋼管のセット
4.杭芯・垂直度確認
5.回転圧入
6.延長・再掘削
7.鋼管の溶接
8.回転圧入
埋設の目標深度まで6-8を繰り返します

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

カタログ小型重機を用いた大径鋼管中堀工法『回転圧入工法』

取扱企業小型重機を用いた大径鋼管中堀工法『回転圧入工法』

SKT_logo.png

株式会社SKT

CPP工法協会及び回転圧入工法協会の運営・管理 ■CPP工法及び回転圧入工法の営業・管理 ■工法加盟店への研修や施工パトロール ■各種展示会への出展・出展協力 ■施工見学会の実施 ■CPP工法設計確認/トラブルシューティング

小型重機を用いた大径鋼管中堀工法『回転圧入工法』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社SKT