東亜グラウト工業株式会社 管内設置型下水熱回収システム『ヒートライナー工法』

未利用のクリーンエネルギー「下水の熱」を活用する工法

『ヒートライナー工法』は、外気と比べて温度の安定している下水の熱エネルギーを
空調・給湯・床暖房・融雪に有効活用化する技術です。

老朽管の更生と同時に管底に設置した熱交換チューブ内に不凍液を循環させて
施設へと搬送し、熱源として利用します。

高度成長期に整備された下水道管路が更新時期を迎える老朽化時代に、
下水道の管更生と同時に未利用エネルギーの有効活用化を実現する技術です。

【特長】
■中小口径(Ø900mm以下)の下水道管路からも採熱が可能
■熱交換マットが管底部にあるため安定的に採熱が可能
■管更生と同時施工により工費を節減することが可能
■流下阻害がなく、取付管の穿孔も可能
■採熱部が直接下水に触れない構造になっており臭気は全くない など

※詳しくはPDFをダウンロードしていただくか、お気軽にお問い合わせください。

基本情報管内設置型下水熱回収システム『ヒートライナー工法』

【その他の特長】
■一度設置すれば永続的に熱エネルギーを活用可能
(耐用年数は下水管と同様50年程度)
■冷暖房(エアコン)のほか、給湯器、風呂、床暖房、
 融雪(ロードヒーティング・屋根の融雪)などへも応用可能

※詳しくはPDFをダウンロードしていただくか、お気軽にお問い合わせください。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 【用途】
■下水熱エネルギーの空調・給湯・融雪などへの利用

カタログ管内設置型下水熱回収システム『ヒートライナー工法』

取扱企業管内設置型下水熱回収システム『ヒートライナー工法』

logo.png

東亜グラウト工業株式会社

■改良グループ  地下工事の多様な場面で活躍する「地盤改良工事」と、既存の構造物を  整備する「構造物メンテナンス工事」を柱に、安心の社会基盤整備に貢献 ■防災グループ  特殊な技術で落石や土砂、土石流、雪崩などの自然災害から人命や財産を  守り、安心して住める国土づくりに貢献 ■管路グループ  耐震化対策・維持管理時代を迎えるライフライン(管路)を調査診断し、  豊富な工法バリエーションで修繕・改築し、予防保全や機能の回復を行う

管内設置型下水熱回収システム『ヒートライナー工法』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

東亜グラウト工業株式会社