日本製紙株式会社 コンクリート用混和材 加熱改質フライアッシュ『CfFA』

海水や凍結防止剤(融雪剤)による塩害を防ぎ、アルカリシリカ反応性(ASR)を抑制し、インフラの長寿命化に貢献

『CfFA/Carbon-free Fly Ash』は、これまでフライアッシュの利用・普及を妨げてきた未燃カーボンを、独自技術により1%以下に除去・均質化したコンクリート用混和材です。

施工タイミングに合わせ、タイムリーな出荷ができます。
お客様のニーズにより、バラ車・フレコン・紙袋での出荷が可能です。

その他効果や耐久性試験データ、施工実績なども写真や図を用いてご紹介しています。

【特長】
■JIS A 6201 II種 適合品
■国土交通省新技術提供システム NETIS QS-100005-VE
■通常の化学混和剤が使用可能で、所定の空気量の確保が容易
■スランプロス、エアロスが小さい
■コンクリート構造物の環境負荷低減
■施工タイミングに合わせ、タイムリーな出荷が可能

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせください。

基本情報コンクリート用混和材 加熱改質フライアッシュ『CfFA』

【コンクリート材料としてのフライアッシュの効果】
■長期強度の増進
■遮塩性(耐塩害性)の向上
■アルカリシリカ反応(ASR)の抑制
■温度ひび割れの抑制
■ワーカビリティの向上
■美しい仕上げ

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 JIS A 6201 II種
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

カタログコンクリート用混和材 加熱改質フライアッシュ『CfFA』

取扱企業コンクリート用混和材 加熱改質フライアッシュ『CfFA』

2019-06-06_10h51_30.png

日本製紙株式会社 生産部

■紙 ■紙パック ■ケミカル ■エネルギー ■アグリ ■セルロースナノファイバー ■木材・建材

コンクリート用混和材 加熱改質フライアッシュ『CfFA』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

日本製紙株式会社 生産部

コンクリート用混和材 加熱改質フライアッシュ『CfFA』 が登録されているカテゴリ