オリエンタル白石株式会社 RSPリフトアップ工法

鉄道高架橋下等の狭隘空間でも施工可能!吊上げによる鋼板巻き立て耐芯震補強工法

『RSPリフトアップ工法』は、近接構造物を解体撤去することなく、
狭隘な作業空間で鋼板巻立工が施工可能な工法です。

分割された補強鋼板を地上で組み立て、橋脚上部に設置した
電動ホイストにより補強鋼板を吊り上げ、吊り上げた補強鋼板の下に
次の補強鋼板を組み立ることを繰り返すことで、橋脚に補強鋼板を設置します。

また、フーチングが土中部にあり、開削ができない場合は、
圧入部はピアーリフレ工法を採用することで、開削不要で鋼板巻立を
施工することが可能です。

【特長】
■1.0m程度の作業空間があれば、施工が可能
■近接構造物の解体撤去、復旧が不要
■経済性に優れている
■高架下利用施設の社会的損失、事業損失を最小限にできる
■分割された小型の資機材を使用し、大型の重機が不要

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報RSPリフトアップ工法

【施工順序】
■1.吊上設備の設置
■2.補強鋼板の組立
■3.補強鋼板の吊上げ
■4.次の補強鋼板の組立・接合
■5.補強鋼板の吊上げ(3~5繰り返し)
■6.補強鋼板の組立完了
■7.足場設置・補強鋼板の固定・充填材の注入
■8.完成(防食塗装)

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

カタログRSPリフトアップ工法

取扱企業RSPリフトアップ工法

オリエンタル白石.JPG

オリエンタル白石株式会社 本社

■プレストレストコンクリートの建設工事および製造販売 ■ニューマチックケーソンの建設工事 ■補修補強の建設工事 ■耐震補強建築工事の設計・施工 ■建設資材の販売 ■太陽光による発電事業及びその管理・運営並びに電気の供給、販売

RSPリフトアップ工法へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

オリエンタル白石株式会社 本社

RSPリフトアップ工法 が登録されているカテゴリ