東レテクノ株式会社 腐植(フルボ酸・フミン酸)の定量分析

腐植(フルボ酸・フミン酸)の定量分析 http://kensetsu.ipros.jp/public/product/image/692/2000420935/IPROS17047850445309114530.jpg 【定量方法】 ■光学的特性による定量  フルボ酸・フミン酸分子特有の蛍光特性を利用し、三次元蛍光法(EEM)で  得られた蛍光強度を、硫酸キニーネや標準腐植により規格化して定量。 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 東レテクノ株式会社 環境科学技術部 その他 > その他 > その他
光学的特性による定量で、フルボ酸・フミン酸の定量分析に総合的に対応します!

「腐植物質」とは、光合成により作られた有機物が微生物のループや
物理・化学的作用の過程を経て分子構造が変化した結果、
黄~茶褐色の着色や特有の蛍光特性をもつようになった物質群の総称です。

当社では、水系腐植、土壌系腐植、製品中のフルボ酸含有量など、
さまざまな試料中のフルボ酸・フミン酸の定量分析に、総合的に対応します。

この他にも、生分解過程における腐植の生成試験、LC/MSによる
分解過程追跡試験等、お客様のご相談にお応えします。

【腐植物質の分類】
■親水性酸 Transphilic酸
■フルボ酸
■フミン酸

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報腐植(フルボ酸・フミン酸)の定量分析

【定量方法】
■光学的特性による定量
 フルボ酸・フミン酸分子特有の蛍光特性を利用し、三次元蛍光法(EEM)で
 得られた蛍光強度を、硫酸キニーネや標準腐植により規格化して定量。

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

カタログ腐植(フルボ酸・フミン酸)の定量分析

取扱企業腐植(フルボ酸・フミン酸)の定量分析

GCオートサンプラー_trim.JPG

東レテクノ株式会社 環境科学技術部

■ 水圏環境 ■ 生活圏環境

腐植(フルボ酸・フミン酸)の定量分析へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

東レテクノ株式会社 環境科学技術部

腐植(フルボ酸・フミン酸)の定量分析 が登録されているカテゴリ