株式会社富士テクニカルリサーチ 超音波探傷システム『dolphicam2』

シンプル操作でスピーディに測定!16,000素子による鮮明な探傷イメージを瞬時に描画できます。

『dolphicam2』は、マトリックスアレイを実用化した
ポータブル超音波探傷機システムです。

高解像の超音波マトリックスアレイとリアルタイム測定処理後術を
用いることで、従来難しかったCFRP等の複合材、アルミなどの金属の
超音波探傷が可能です。

また、多彩な測定モード、3D画像化等で、内部の傷などの「見える化」を
より簡便に行えます。

【特長】
■超高解像度マトリックスアレイ プローブ
  (超音波素子数:128[縦]×128[横]=16384個)
■ワンクリックでキャリブレーション終了
■測定準備はわずか3分
■豊富なプローブのラインアップでCFRPから金属まで様々な素材に対応

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連動画超音波探傷システム『dolphicam2』

基本情報超音波探傷システム『dolphicam2』

【仕様(抜粋)】
<プローブ>
■外形寸法(W×D×H):40mm×40mm×84mm
■周波数範囲:0.5~15[MHz]
■カップリングタイプ:ドライ/カスタマイズ カップリング
■振動素子数:128(縦)×128(横)=16384個

<本体>
■重量:985g
■外形寸法(W×D×H):130mm×200mm×32mm
■プローブ接続ポート数:最大2(同時使用可)
■制御ポート:2×USB2.0(PC,AUX),2×GPIO(TRM)
■エンコーダーポート数:2ポート

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

カタログ超音波探傷システム『dolphicam2』

取扱企業超音波探傷システム『dolphicam2』

logo_170x170.jpg

株式会社富士テクニカルリサーチ

一つ目は「E&S(エンジニアリング&ソリューション)事業」です。 この事業は世界の最先端技術を活用したエンジニアリング業務です。 設計分野の一例としてCAD・CAE・実験計測など活用し製品の強度・耐久を担保しつつ限界設計まで探求します。 その他、課題解決の研究テーマは、材料、流体、熱力、電磁場、振動、衝撃、などの基本的なものからそれぞれの製品で要求される専門分野まで広範囲にわたっております。 二つ目は「P&M(プロダクト&マシナリー)事業」です。 この事業は自社ソフトウエアのパッケージ開発販売と世界の最先端計測器の輸入商社としての二つの機能を持ち合わせた事業です。 弊社では最先端計測機器の技術動向をワールドワイドのネットワークで調査分析し、今後十数年先の進化の可能性を見据えた未来志向技術を皆様にご提案しております。 また、これらの技術に不足している機能や要望など、弊社自らシステム開発し機能強化を実施しております。

超音波探傷システム『dolphicam2』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社富士テクニカルリサーチ