株式会社ゼットアールシー・ジャパン 塗るめっき『常温亜鉛めっきZRC工法』※部材形状問わずめっき可能

めっき分け施工やめっき溶接部への施工が可能!部材形状・板厚問わず鉄骨を錆びから守る常温亜鉛めっき工法! 

塗るめっき『常温亜鉛めっきZRC工法』は、大型構造物や薄板加工品等溶融亜鉛めっき処理ができない建築部材を錆びから守る工法です。 

本製品は、溶融亜鉛めっきと同等の防錆効果が得られる
「常温亜鉛めっき剤」を使用しております。 

一液性の液体混合物で、重量比で95%の
高純度・特殊樹脂・高濃度亜鉛を含んだ
その乾燥被膜が保護被膜となり、鉄の腐食を防ぎます。

【特長】
■亜鉛含有率95%の実力
■防錆原理は、溶融亜鉛めっきと同じ犠牲陽極作用
■亜鉛層の補修は、塗装と同様で容易
■上塗り材を選ぶことで、色彩計画が自由に

1952年にZ.R.C. Worldwideの親会社である
NORFOLK CORPORATIONと米国海軍との共同研究により
開発されて以来、米国はもとより世界各国で使用されています。

※詳しくはPDFをダウンロードして頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報塗るめっき『常温亜鉛めっきZRC工法』※部材形状問わずめっき可能

【ZRC工法とは】
一般財団法人日本建築センターにおいて
建築技術審査証明書(建築技術)を取得した
建築物の鉄骨部材に素地調整をした後
Z.R.C.を常温で塗布する工法。

乾燥皮膜76μm以上塗布する事により
溶融亜鉛めっきJIS H 8641 HDZ55(550g/m2)と
同等の防食性能を有すると認められました。

※詳しくはPDFをダウンロードして頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 【用途】
■大型構造物、薄板加工品等溶融亜鉛めっき処理ができないもの
■鉄構造物の防食(大分県立美術館、JR桜島線ユニバーサルシティ駅、MARK IS みなとみらい、横浜市鴨池大橋、など)
■溶接や加工による溶融亜鉛めっき及び電気亜鉛めっきの補修
■経年変化した溶融亜鉛めっきの再めっき
■無機亜鉛表面の修繕


※詳しくはPDFをダウンロードして頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

詳細情報塗るめっき『常温亜鉛めっきZRC工法』※部材形状問わずめっき可能

驚異の防錆力
試験方法:複合サイクル試験方法 JHS 403 (B法)
試験方法:めっきの耐食性試験方法 JIS H 8502.5
試験方法:屋外暴露試験 JIS Z 2381

での試験情報あり 

カタログ塗るめっき『常温亜鉛めっきZRC工法』※部材形状問わずめっき可能

取扱企業塗るめっき『常温亜鉛めっきZRC工法』※部材形状問わずめっき可能

product_img01.jpg

株式会社ゼットアールシー・ジャパン 本社

■鋼構造物向け亜鉛系防錆塗料の輸出入販売 など

塗るめっき『常温亜鉛めっきZRC工法』※部材形状問わずめっき可能へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ゼットアールシー・ジャパン 本社