真珠貝タイル『MOTHER OF PEARL TILE』
真珠貝タイル『MOTHER OF PEARL TILE』 http://kensetsu.ipros.jp/public/product/image/edb/2000363416/IPROS3944849494116242734.PNG 【カラー】 ■BR 茶蝶貝(アメリカ産) ■FW 川真珠貝(アジア産) ■WH 白蝶貝(オーストラリア産) ■BK 黒蝶貝(タヒチ産) ■GD 白蝶貝(フィリピン産&インドネシア産) ■AB アワビ(ニュージーランド産) 【パターン】 ■SQ1 スクエア1(1マス10mm) ■SQ2 スクエア2(1マス20mm) ■BRK ブリック ■WAV ウェーブ ■MOS モザイク ※詳しくはPDFをダウンロードして頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 有限会社HINATA Trading Co., Ltd. 本店 建材 > 床材 > タイル/屋内
  • 色・形状・シームレスパターン・寸法オーダー対応可能!真珠貝タイル
    有限会社HINATA Trading Co., Ltd.
    『MOTHER OF PEARL TILE』は、天然の真珠貝から製作した無着色の
    真珠貝タイルです。

    タヒチ、オーストラリアなどをはじめとする各国の海で真珠を生産する
    母貝(Mother of Pearl)の貝殻を磨き上げました。

    母貝と5種の柄を自由に組み合わせてお選びいただけます。

    【サイズ】
    ■1シート:10cm角

    ※詳しくはPDFをダウンロードして頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報真珠貝タイル『MOTHER OF PEARL TILE』

【カラー】
■BR 茶蝶貝(アメリカ産)
■FW 川真珠貝(アジア産)
■WH 白蝶貝(オーストラリア産)
■BK 黒蝶貝(タヒチ産)
■GD 白蝶貝(フィリピン産&インドネシア産)
■AB アワビ(ニュージーランド産)

【パターン】
■SQ1 スクエア1(1マス10mm)
■SQ2 スクエア2(1マス20mm)
■BRK ブリック
■WAV ウェーブ
■MOS モザイク

※詳しくはPDFをダウンロードして頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

【用途】
■水周りの壁、家具・什器等の表装材としても使用可能

※詳しくはPDFをダウンロードして頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

よく使用される業種

建築設計事務所、インテリアデザイン、リフォーム住宅建設業、内装工事業、建設コンサルタント、その他建設業、管理会社、建材・資材・什器メーカー、その他メーカー、教育・研究機関、サービス業、その他

カタログ真珠貝タイル『MOTHER OF PEARL TILE』

  • 『MOTHER OF PEARL TILE』は、天然の真珠貝から製作した無着色の
    真珠貝タイルです。

    タヒチ、オーストラリアなどをはじめとする各国の海で真珠を生産する
    母貝(Mother of Pearl)の貝殻を磨き上げました。

    母貝と5種の柄を自由に組み合わせてお選びいただけます。

    【サイズ】
    ■1シート:10cm角

    ※詳しくはPDFをダウンロードして頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

取扱会社真珠貝タイル『MOTHER OF PEARL TILE』

【取扱製品】 ■真珠貝タイル『MOTHER OF PEARL TILE』 など

真珠貝タイル『MOTHER OF PEARL TILE』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

有限会社HINATA Trading Co., Ltd. 本店


  • EARLY SUMMER SALE
  • 室内に入り込む日射熱を約86%カット!外付けロールスクリーン ソヨカ

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー