大和ハウス工業株式会社 狭小空間点検ロボット『moogle evo』 発売

狭小空間点検ロボット『moogle evo』 発売 http://kensetsu.ipros.jp/public/product/image/c10/2000361577/IPROS3702886938391619601.png 【開催概要】 名称:リフォーム産業フェア2018 日時:2018年7月17日(火)・18日(水) 10:00~17:00 会場:東京ビッグサイト 西1・2ホール ゾーン:営業支援システムサービスゾーン 名称:メンテナンス・レジリエンスTOKYO2018  日時:2018年7月18日(水)~20日(金) 10:00~17:00 会場:東京ビッグサイト 東ホール ブース番号: 4C-24 【その他の特長】 ■コンセントは不要。屋外での検査が容易 ■バッテリーの連続稼働可能時間を約2倍に向上 ■LAN接続可能な機器を搭載することで機能拡張もOK ■PCモニタでリアルタイムに点検箇所を確認可能 ■15cmの段差も乗り越え、コンクリートや土の上も走行可能 【用途例】 《住宅》  定期点検、耐震診断、現況検査、シロアリ診断、リフォーム工事前の現場調査 ほか 《社会インフラ》  橋梁点検(箱桁内)、小規模橋梁、共同溝、橋梁など高所の足場 ほか ※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。 大和ハウス工業株式会社 東京本社 ヒューマン・ケア事業推進部 ロボット事業推進室 調査・測定・サービス > 建築関連サービス・機器 > 建設会社 リース価格4.8~5万円/月前後 (5年リース)

インフラ点検に有効な新機能を搭載。人が入りにくい場所もリアルタイムで映像表示

このたび、従来の「moogle」の機能に加え、インフラ点検に有効な新機能を搭載したロボット『moogle evo(モーグル エヴォ)』を発売することとなりました。
点検カメラの解像度を従来の約4倍に高め、より微細なクラックを認識できるとともに、クラック幅に応じて自動で色分け表示する機能を追加。
橋梁や共同溝などでの効率的なインフラ点検をサポートします。

【特長】
■0.1mmの微細なクラックを確認可能
■クラック幅に応じて自動で色分け表示する機能を搭載
■バッテリー駆動の無線中継器により200mまで通信が可能
■点検箇所の温度・湿度を測定し、PCモニタに表示

詳しくは下記よりお問い合わせいただくか、(robot@daiwahouse.jp)にご連絡先ください。

基本情報狭小空間点検ロボット『moogle evo』 発売

【開催概要】
名称:リフォーム産業フェア2018
日時:2018年7月17日(火)・18日(水) 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト 西1・2ホール
ゾーン:営業支援システムサービスゾーン

名称:メンテナンス・レジリエンスTOKYO2018 
日時:2018年7月18日(水)~20日(金) 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト 東ホール
ブース番号: 4C-24

【その他の特長】
■コンセントは不要。屋外での検査が容易
■バッテリーの連続稼働可能時間を約2倍に向上
■LAN接続可能な機器を搭載することで機能拡張もOK
■PCモニタでリアルタイムに点検箇所を確認可能
■15cmの段差も乗り越え、コンクリートや土の上も走行可能

【用途例】
《住宅》
 定期点検、耐震診断、現況検査、シロアリ診断、リフォーム工事前の現場調査 ほか
《社会インフラ》
 橋梁点検(箱桁内)、小規模橋梁、共同溝、橋梁など高所の足場 ほか

※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

価格 リース価格4.8~5万円/月前後 (5年リース)
※弊社指定のリース会社参考価格であり、利率などにより変動があります。
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
発売日 取扱い中
※2018年3月6日
用途/実績例 ※詳しくは資料をご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。
よく使用される業種 建築設計事務所、ゼネコン・サブコン、住宅メーカー・工務店、リフォーム住宅建設業、給排水工事業、建設コンサルタント、その他建設業、不動産・デベロッパー、店舗・ビルオーナー、管理会社、その他メーカー、その他

詳細情報狭小空間点検ロボット『moogle evo』 発売

 

 

 

 

カタログ狭小空間点検ロボット『moogle evo』 発売

狭小空間点検ロボット『moogle evo(モーグル エヴォ)』 発売

このたび、従来の「moogle」の機能に加え、インフラ点検に有効な新機能を搭載したロボット『moogle evo(モーグル エヴォ)』を発売することとなりました。
点検カメラの解像度を従来の約4倍に高め、より微細なクラックを認識できるとともに、クラック幅に応じて自動で色分け表示する機能を追加。
橋梁や共同溝などでの効率的なインフラ点検をサポートします。

【特長】
■0.1mmの微細なクラックを確認可能
■クラック幅に応じて自動で色分け表示する機能を搭載
■バッテリー駆動の無線中継器により200mまで通信が可能
■点検箇所の温度・湿度を測定し、PCモニタに表示

※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

【お客様の声】狭小空間点検ロボット『moogle』

【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください】
moogle(モーグル)は、住宅の床下点検を主な用途として開発されたロボットです。
それ以外の空間・場所では、使用環境・条件によってご利用できない場合がありますのでご了承ください。

【事例プレゼント】狭小空間点検ロボット『moogle』

当資料は、狭小空間点検ロボット『moogle』を実際に導入いただいた
事例をご紹介しています。

『moogle』は人が動きづらかったり、入り込めないような狭い空間を
“見える化”して、隅々まで点検が行えるロボットです。

大和ハウスリフォーム株式会社では、全国の営業所に導入し、点検員の
作業環境の改善と効率化をはかる一方、ロボットによる点検という話題性
が営業的な成果にもつながっています。

【導入概要】
■大和ハウスリフォーム(株)
■物件:鉄骨造2階建住宅 1994年築 奈良県大和群山市
■点検内容:20年点検
 ・床下構造の状態確認
 ・基礎の劣化、ひび割れ、カビ、シロアリ発生等の点検 など

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

取扱企業狭小空間点検ロボット『moogle evo』 発売

大和ハウス工業株式会社 東京本社 ヒューマン・ケア事業推進部 ロボット事業推進室

●建築事業 【住宅系】戸建住宅(注文住宅・分譲住宅)、分譲マンション、賃貸住宅(アパート・寮・社宅)等の企画・設計・施工・販売、別荘地の販売 【建築系】 商業施設(店舗・ショッピングセンター)、物流施設(物流センター・配送センター・食品施設)、医療・介護施設、法人施設(事務所・ショールーム)の企画・設計・施工・リフォーム ●都市開発事業 宅地・工業団地の企画・設計・施工・販売、再開発事業 ●海外事業 分譲マンションの開発・販売、合弁事業 ●その他 環境エネルギー事業、農業事業、ロボットスーツHALの販売代理等

狭小空間点検ロボット『moogle evo』 発売へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

動機必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

大和ハウス工業株式会社 東京本社 ヒューマン・ケア事業推進部 ロボット事業推進室