止水板『「水」止まるんです。ハイ!II』
止水板『「水」止まるんです。ハイ!II』 http://kensetsu.ipros.jp/public/product/image/73d/2000349765/IPROS575303068413441062.PNG 【仕様】 ■材質  ・プレート:ガラス繊維強化プラスチック+金属複合材  ・エッジ:PVC,EPDM ■サイズ:高さ250mm×幅:間口幅×厚さ:3~6mm ■重量:幅0.9M:1.3Kg~ 幅1.8M:約3Kg ■両端金具材質アルミ ※詳しくはPDFをダウンロードして頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 有限会社トラッド 本社 土木資材 > 一般土木資材 > 止水板
  • 10cmまでの浸水ならほぼスリータッチで取り付け可能な止水板!
    有限会社トラッド
    『「水」止まるんです。ハイ!II』は、ゲリラ豪雨などの都市型水害に
    よる甚大な被害を防ぐ止水板です。

    水位10cm以上約25cm未満まで対応し、女性でもスリータッチで簡単に
    設置可能。

    万一の時の事後処理(商品廃棄・清掃・消毒)不要で、営業不可期間の
    人件費、清掃費用、商品廃棄による損害を大幅カットします。

    【特長】
    ■10cmまでの浸水ならほぼスリータッチで取り付け可能
    ■設置所用時間は、女性でもスリータッチで約1分
    ■水位10cm以上約25cm未満まで対応
    ■汚濁水の店内侵入を阻止
    ■エントランスに傾斜があっても有効

    ※詳しくはPDFをダウンロードして頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報止水板『「水」止まるんです。ハイ!II』

【仕様】
■材質
 ・プレート:ガラス繊維強化プラスチック+金属複合材
 ・エッジ:PVC,EPDM
■サイズ:高さ250mm×幅:間口幅×厚さ:3~6mm
■重量:幅0.9M:1.3Kg~ 幅1.8M:約3Kg
■両端金具材質アルミ

※詳しくはPDFをダウンロードして頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

※詳しくはPDFをダウンロードして頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

よく使用される業種

建築設計事務所、構造設計事務所、設備設計事務所、ゼネコン・サブコン、住宅メーカー・工務店、建設コンサルタント、その他建設業、店舗・ビルオーナー、管理会社、建材・資材・什器メーカー、電気・電子機器製造、機械・設備・建機製造、その他メーカー、IT・情報通信、情報通信業、鉱業、サービス業

カタログ止水板『「水」止まるんです。ハイ!II』

  • 『「水」止まるんです。ハイ!II』は、ゲリラ豪雨などの都市型水害に
    よる甚大な被害を防ぐ止水板です。

    水位10cm以上約25cm未満まで対応し、女性でもスリータッチで簡単に
    設置可能。

    万一の時の事後処理(商品廃棄・清掃・消毒)不要で、営業不可期間の
    人件費、清掃費用、商品廃棄による損害を大幅カットします。

    【特長】
    ■10cmまでの浸水ならほぼスリータッチで取り付け可能
    ■設置所用時間は、女性でもスリータッチで約1分
    ■水位10cm以上約25cm未満まで対応
    ■汚濁水の店内侵入を阻止
    ■エントランスに傾斜があっても有効

    ※詳しくはPDFをダウンロードして頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

取扱会社止水板『「水」止まるんです。ハイ!II』

■各種樹脂加工 ■各種型製作 ■各種試作品製作 ■音響機器製作 ■その他製作 ■上記に付帯する一切の業務

止水板『「水」止まるんです。ハイ!II』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

有限会社トラッド 本社

止水板『「水」止まるんです。ハイ!II』 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 第24回「建築・建材展2018」 主催=日本経済新聞社

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー