マンホール作業用安全柵『孔柵くん』
マンホール作業用安全柵『孔柵くん』 http://kensetsu.ipros.jp/public/product/image/8d4/2000347458/IPROS7747300208374295825.GIF 【タイプ/仕様】 ■60cmタイプ  ・組立て寸法 (mm):1200(H)×900(W)×900(D)  ・収納寸法 (mm):1200×900×150  ・重量:約30kg ■90cmタイプ   ・組立て寸法 (mm):1200(H)×1200(W)×1200(D)  ・収納寸法 (mm):1200×1200×150  ・重量:約37kg ■120cmタイプ  ・組立て寸法 (mm):1200(H)×1600(W)×1600(D)  ・収納寸法 (mm):1200×1600×150  ・重量:約44kg ※詳しくはPDFをダウンロードして頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 岩田産業株式会社 本社 土木資材 > 道路・橋梁・トンネル資材 > 防護柵
  • マンホール作業の「安全性の向上」と「効率性の向上」を実現!
    岩田産業株式会社
    『孔柵くん』は、マンホールでの作業の安全性を高め、作業効率の向上を
    目指したマンホール作業用安全柵です。

    手すり付きで作業時の転落を防止。
    また、さびに強いステンレス仕様となっております。

    【特長】
    ■組み立てが簡単3ステップ
    ■フィットする台座で柵のズレ防止
    ■遠くからでも確認できる高い視認性
    ■不要な時は折り畳めるコンパクト設計

    ※詳しくはPDFをダウンロードして頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報マンホール作業用安全柵『孔柵くん』

【タイプ/仕様】
■60cmタイプ
 ・組立て寸法 (mm):1200(H)×900(W)×900(D)
 ・収納寸法 (mm):1200×900×150
 ・重量:約30kg
■90cmタイプ 
 ・組立て寸法 (mm):1200(H)×1200(W)×1200(D)
 ・収納寸法 (mm):1200×1200×150
 ・重量:約37kg
■120cmタイプ
 ・組立て寸法 (mm):1200(H)×1600(W)×1600(D)
 ・収納寸法 (mm):1200×1600×150
 ・重量:約44kg

※詳しくはPDFをダウンロードして頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

※詳しくはPDFをダウンロードして頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

よく使用される業種

建築設計事務所、構造設計事務所、設備設計事務所、ゼネコン・サブコン、住宅メーカー・工務店、リフォーム住宅建設業、内装工事業、電気設備工事業、給排水工事業、建設コンサルタント、その他建設業、建材・資材・什器メーカー、機械・設備・建機製造、その他メーカー、電気・ガス・水道業

カタログマンホール作業用安全柵『孔柵くん』

  • 『孔柵くん』は、マンホールでの作業の安全性を高め、作業効率の向上を
    目指したマンホール作業用安全柵です。

    手すり付きで作業時の転落を防止。
    また、さびに強いステンレス仕様となっております。

    【特長】
    ■組み立てが簡単3ステップ
    ■フィットする台座で柵のズレ防止
    ■遠くからでも確認できる高い視認性
    ■不要な時は折り畳めるコンパクト設計

    ※詳しくはPDFをダウンロードして頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

取扱会社マンホール作業用安全柵『孔柵くん』

■エンジニアリング  ・プラント設備工事  ・建築設備工事  ・製品販売  ・機材販売  ・メンテナンス  ・設備保守点検

マンホール作業用安全柵『孔柵くん』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

岩田産業株式会社 本社

マンホール作業用安全柵『孔柵くん』 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー