3DR Site Scan
3DR Site Scan http://kensetsu.ipros.jp/public/product/image/68d/2000335847/IPROS172012756935411047.jpg 【本体仕様】 ■最大通信距離:約800m ■通信:2.4GHz WiFi ■最大搭載能力:800g ■飛行時間:15〜20分 ■最大飛行速度:85km/h ■本体重量:1.5kg ※詳しくはPDFをダウンロードいただくか、お気軽にお問合せ下さい。 芝本産業株式会社 東京本社 調査・測定・サービス > 調査・試験・検査 > 測量
  • 現場の作業を簡素化した仕事の効率化をはかるクラウドソリューション!
    芝本産業株式会社
    Site Scanを使うことで、従来の測量に比べて作業が6倍も早く行うことができます(詳しい事例を弊社HPにて紹介しております!)Site Scanは、ドローン測量と点検に必要な、本体・カメラ・飛行アプリ・データ処理のための管理ソフトが全て含まれています。データの処理と管理はクラウドソフトで行いますので、利用者側のコンピューターを長時間拘束されることがありません。
    また、クラウドにアクセスすることが許可されたユーザーはいつでも、どこからでもインターネットを介して情報にアクセスすることができます。しかも、高画質のカメラが取り付けられたドローンによって、ミリ単位の精度を出すことが可能です!

    【メリット】
    ■効率化:現場で行う専門的な作業を遠隔で集中管理ができる
    ■時間短縮:撮影から分析まで、全自動処理により時間短縮
    ■簡素化:セキュリティーやシステム管理を含め、コスト削減
    ■簡略化:関係者間でのデータ共有がスムーズ

    ※詳しくはPDFをダウンロードいただくか、お気軽にお問合せ下さい。
  • この製品を
  • Twitterボタン

基本情報3DR Site Scan

【本体仕様】
■最大通信距離:約800m
■通信:2.4GHz WiFi
■最大搭載能力:800g
■飛行時間:15〜20分
■最大飛行速度:85km/h
■本体重量:1.5kg

※詳しくはPDFをダウンロードいただくか、お気軽にお問合せ下さい。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

■測量    ■土量計算
■出来形管理 ■出来高管理
■施工測量  ■建設管理

よく使用される業種

建築設計事務所、構造設計事務所、設備設計事務所、ゼネコン・サブコン、住宅メーカー・工務店、リフォーム住宅建設業、内装工事業、電気設備工事業、建設コンサルタント、その他建設業、不動産・デベロッパー、不動産オーナー、店舗・ビルオーナー、管理会社、建材・資材・什器メーカー、機械・設備・建機製造、その他メーカー、ソフトウェア、情報通信業、サービス業、その他

カタログ3DR Site Scan

  • 芝本産業株式会社は3DRobotics社の正規代理店として、販売のみならず、お客様が安全にドローンを運用するための教習カリキュラムの提供、修理・ 定期保守メンテナンスなどのサービスを提供して参ります。

    従来のラジコンと違い自動操縦が可能な無人ヘリのことでUAV(Unmanned Aerial Vehicle)の一種。上空からの撮影や高所の点検、また災害時の活躍が期待されています。

    【掲載内容】
    ■3DR取扱製品
    ■SiteScan
    ■SOLO用アクセサリー

    ※詳しくはPODFをダウンロードいただくか、お気軽にお問合せ下さい。

取扱会社3DR Site Scan

・水産物の輸入販売 ・普通鋼、特殊鋼の国内販売 ・鉄鋼製品、 ・合成繊維ロープ(重量物のハイテク吊り具)の製造販売 ・不動産賃貸 ・ドローン(小型無人航空機)販売 ・空撮サービス

3DR Site Scanへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

芝本産業株式会社 東京本社


最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー