株式会社アサヒテクノ 【資料】地下水位低下工法の比較

真空力を集水力に!大量揚水が可能なスーパーウェルポイント工法を従来工法と比較

当資料は、アサヒテクノが提案する「スーパーウェルポイント工法」と、
従来工法の「ディープウェル工法」「ウェルポイント工法」の原理、
長所・短所などを比較している技術資料となっています。

「スーパーウェルポイント工法」は重力に加え真空ポンプ(負圧)で
地下水を集め、水中ポンプで揚水する地下水位低下工法のため、
従来の工法に比べ多量の地下水を揚水することが可能です。

【掲載内容】
■ディープウェル(DW)工法
■ウェルポイント(WP)工法
■スーパーウェルポイント(SWP)工法
 ・概要図
 ・原理(揚水方法)
 ・原理補足
 ・長所・短所

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報【資料】地下水位低下工法の比較

【主な長所・短所】
■スーパーウェルポイント(SWP)工法
 ・揚水能力が高く、DW より少ない本数で地下水位を低下させることができる
 ・地盤に負圧が生じるため間隙中の自由水とともに吸着水も回収する
 ・透水係数が小さいシルトなどの粘性土においても地下水位低下が可能

■ウェルポイント(WP)工法
 ・負圧を利用した強制排水であり水位低下効率はいいが、水位低下量は3.5m前後である
 ・設置間隔は通常0.8m~2.0m、1本当りの吸水量能力は約20ℓ/min
 ・ライザーパイプと地盤の間隙を通じて空気を吸う場合には能力が低下する

■ディープウェル(DW)工法
 ・施工性がよく維持管理が容易であるが、一般に透水係数が10-3cm/se 以下では適用範囲外とされる
 ・適用範囲内であっても透水性の低い地盤においては井戸の集水能力により設置本数が多くなる他、
  水位低下には長時間必要

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

カタログ【資料】地下水位低下工法の比較

取扱企業【資料】地下水位低下工法の比較

株式会社アサヒテクノ 東京支店

■地下水位低下工法 ●スーパーウェルポイント工法(自社特許) ●ウェルポイント工法 ●ディープウェル工法 ●さく井工事 ●井戸工事 ●集水井戸 ■薬液注入工事 ●2重管単相工法 ●複合注入 ●永久グラウト工法 ●一般薬液注入工法 ●グラウト工法 ●岩盤グラウト工法 ■超高圧噴射工事 ■地盤改良工事 ■推進工事 ■一般土木工事 ■現場造成杭工事 ■調査工事 ■下水道工事 ■その他 DWポンプ、各種ポンプの販売及び修理

【資料】地下水位低下工法の比較へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社アサヒテクノ 東京支店