有限会社ジオテック 気泡管方式 傾斜計『崩壊兆候検知システム』

気泡管方式 傾斜計『崩壊兆候検知システム』 http://kensetsu.ipros.jp/public/product/image/0b4/2000282641/IPROS12251435068141863153.jpg 【設置手順】 1.専用測定器杭を打設 2.測定器をネジ止め固定 3.専用ソーラーパネル杭を打設・パネル設置 4.配線接続 【仕様】 サイズ:径 75mm/高さ 230mm(アンテナ除く) 重さ:0.8kg 測定方法:水準器の気泡位置をカメラ撮影・解析 通信距離:約100m(測定器~中継器間) 通信設備・許可申請:不要 有限会社ジオテック 調査・測定・サービス > 測量・計測・分析機器 > その他計測器
防災・減災に!斜面崩壊(崖崩れ)・構造物破壊の前兆を検知&見える化。Q&A入り提案資料進呈中

『崩壊兆候検知システム』は、水準器の気泡位置を撮影・解析することで
斜面崩壊(崖崩れ)や構造物破壊の前兆を検知・見える化する傾斜計です。

傾きの変化をリアルタイムにデータ取得でき、時系列順に保存可能。
インターネット接続により、遠隔からでも検証が行え、作業者の安全性も確保できます。

地すべりや河川の堤防決壊など、自然災害での崩壊兆候のほか
都市部で行われる土木工事の周囲建屋への影響もモニタリングできます。

【特長】
■パソコンやタブレットから記録されたデータの閲覧が可能
■データにノイズが生じにくく、直観的な検証が可能
■水準器の変化情報を時系列順にデータ化
■監視カメラや雨量計の追加設置が可能
■インターネット接続による遠隔監視にも対応

★現在、導入メリットや検討項目のQ&Aを紹介した『提案資料』を公開中です。
 「PDFダウンロード」よりスグにご覧いただけます。

基本情報気泡管方式 傾斜計『崩壊兆候検知システム』

【設置手順】
1.専用測定器杭を打設
2.測定器をネジ止め固定
3.専用ソーラーパネル杭を打設・パネル設置
4.配線接続

【仕様】
サイズ:径 75mm/高さ 230mm(アンテナ除く)
重さ:0.8kg
測定方法:水準器の気泡位置をカメラ撮影・解析
通信距離:約100m(測定器~中継器間)
通信設備・許可申請:不要

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

カタログ気泡管方式 傾斜計『崩壊兆候検知システム』

取扱企業気泡管方式 傾斜計『崩壊兆候検知システム』

geotech_logo_header.png

有限会社ジオテック

■傾斜計測装置の開発  ・茨城大学大学院との共同研究実績多数  ・ものづくり支援事業平成24年度、平成25年度採択  ・関連特許3件、意匠登録1件 ■運用・モニタリング(IOT)  ・遠隔操作によるプログラムの更新可能  ・xBee、Bluetooth、920Mz通信モジュールに対応  ・ローカル、Webネットワーク対応  ・都市災害監視に向けての、ビル・橋梁・地上地下プラントの傾斜歪監視  ・ビル建設等に伴う掘削工事の際に周辺ビルに与える傾斜モニタリング  ・老朽化建物構造物の崩壊兆候となる3次クリープ歪検出  ・バランス検知 ■測量  ・公共測量  ・遺跡測量  ・工事測量  ・道路設計  ・斜面崩壊兆候検知

気泡管方式 傾斜計『崩壊兆候検知システム』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

有限会社ジオテック

気泡管方式 傾斜計『崩壊兆候検知システム』 が登録されているカテゴリ