斜面受圧板協会 法面安定工法『三位一体の受圧板工法』

3つの工法の長所を組み合わせた“強い・割れない・飛び出さない”受圧板工法

『三位一体の受圧板工法』とは、PUC受圧板工法、ざぶとん裏込め工法、
セーフティキャップ、これらの3つの要素(工法)が互いに働いて一体となり、
“強い・割れない・飛び出さない”を実現した受圧板工法です。

厚さの低減と軽量化を実現したPUC受圧板工法の受圧板を、ざぶとん裏込め工法
により凹凸地盤と密着させ、受圧板のひび割れを防止します。

また、セーフティキャップを装着することで、地震などの想定外の外力により
破断したアンカーの飛び出し事故を防止することができます。

【仕様】
■受圧板の厚さの低減(10cm減)と軽量化(410kg減)
■受圧板と凹凸地盤を簡単に密着
■受圧板のひび割れを防止
■アンカーの飛び出し事故を防止

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報法面安定工法『三位一体の受圧板工法』

【概要】
◎PUC受圧板工法 (特許第3895832号)
 ・新開発のテーパーコーンの効果により、従来型のPC製受圧板より強くて軽量
 ・アンカー頭部の内蔵や、アンカー工法に限定されないテーパーコーン付きPC製の受圧板工法

◎ざぶとん裏込め工法 (特許第3413108号)
 ・新開発のざぶとん材を使用する事により、受圧板と凹凸地盤とを簡単に密着させ、
  受圧板のひび割れを防止する裏込め工法

◎セットパイプ工法 (特許第4355618号)
 ・セットパイプ(ガイドパイプ+受け板)を使用する事により、
  ざぶとん材のつぶれとアンカー芯のずれを防止する受圧板セット工法

◎セーフティキャップ (SC-2出願中)
 ・セーフティキャップを装着する事で、地震等の想定外の外力により、
  破断したアンカーの飛び出し事故を防止する安全装置

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ●詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

カタログ法面安定工法『三位一体の受圧板工法』

取扱企業法面安定工法『三位一体の受圧板工法』

syamen_logo-220.gif

斜面受圧板協会

法面安定工法の推進

法面安定工法『三位一体の受圧板工法』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

斜面受圧板協会