株式会社ベンカン ベンカン機工 「溶接式管継手」

「溶接式管継手」は、パイプと突き合わせて溶接する方式であり、極めて信頼性の高い配管接合が可能です。

ベンカン機工の「溶接式管継手」の生産体制は、JISおよびISO9001認証工場にて、炭素鋼・ステンレス鋼・合金鋼・非鉄金属など様々な材質や幅広い口径(1/2B-80B)、更には特殊な形状に至るまで多様化するニーズに対応できる生産能力を保持しております。
その納入実績は、集合住宅・ホテル・商業・インテリジェントビル・病院などの多様化する各施設、発電・ガス・石油精製・石油化学・造船・水処理などの基幹産業やプラントなどの各種配管に幅広いものとなっております。

基本情報ベンカン機工 「溶接式管継手」

国内の「溶接式管継手」は、1940年代に始まった日本造船業界の活況に合わせて需要が高まったとされています。
当時は、アメリカからの輸入品に頼っておりましたが、1951年にベンカンの前身である日本弁管工業株式会社が国内生産を手掛け、コストダウンと納期短縮を実現させ高く評価されました。
以来、需要の高まりと共に品質、製造、技術、提案力の向上に努めております。
尚、溶接式管継手は、2016年8月に「株式会社ベンカン機工」としてグループ内で分社化して生産・販売しております。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 BENKAN
用途/実績例 集合住宅・ホテル・商業・インテリジェントビル・病院などの多様化する各施設
発電・ガス・石油精製・石油化学・造船・水処理などの基幹産業やプラント
などの各種配管に幅広いものとなっております。

取扱企業ベンカン機工 「溶接式管継手」

00005.jpg

株式会社ベンカン 執行本部 営業部 東京営業所

「ステンレス配管」は、耐久性、強度に優れクリーンは配管の代表です。 その接合は、溶接やねじ込みによるもので、技術あるいは設備の専門性が高いことから産業配管用として使用され、一般配管に使用されることは希でした。 しかしながら、ベンカンのステンレス配管「メカニカルジョイント」は、その構造や専用工具を使用することで、作業者個人の技能に左右されることなく配管接合の施工品質を均一化させることが可能です。 現在、ベンカンのステンレス配管「メカニカルジョイント」は、給水、給湯、空調配管を中心に戸建住宅・集合住宅などの住まいや病院、警察署、消防署、官公庁舎、福祉施設、学校、ホテル、商業、インテリジェントビルなどの多様化する各施設に幅広くご利用いただいております。 また、空調配管向けにアルミ配管を開発中です。特に空調冷媒配管で主に使われる銅管は、価格の乱高下の激しい銅材であり、今後、品薄傾向が高まり供給難と価格の高騰が予想されます。そおの代替配管として、アルミ配管をご提案致します。

ベンカン機工 「溶接式管継手」へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ベンカン 執行本部 営業部 東京営業所